楽天銀行の考察!高金利とポイント還元がお得なネット銀行

銀行

IT化の進む現代社会では銀行業も変化しており、中でもネット銀行はよく使われていますよね。振込等の手数料が気になる方であれば、かなり重宝するはずです。

ネット銀行は楽天からも提供されており、金利や楽天ポイントの還元でお得に使うことが出来ます。その他にも使いやすくなるためのサービスが数多く提供されているので、ぜひ使ってみてくださいね。

今回は、楽天銀行について考察していきましょう。

スポンサーリンク

サービス概要

楽天銀行とは、楽天グループ傘下の楽天銀行株式会社が提供するネット銀行のことです。ネット銀行とは店舗を持たない銀行であり、その分金利や手数料等が優れていることが主な特徴ですね。

楽天銀行口座の開設は国内在住の方であれば誰でも申請可能ですが、12歳未満の方が申込する場合は親権者が代理して行います。この際に親権者の同意が必要となることは勿論として、子どもと親権者双方の本人確認書類が必要となるので準備しておきましょう。

カノケイト
カノケイト

口座開設の本人確認は公式アプリを使えばウェブ上で完結する上に、

キャッシュカードも簡易書留で送られるようになるため便利ですよ。

まずは、楽天銀行の基本的なサービスを確認してみましょう。

サービス概要摘要
銀行コード0036
ATM入出金手数料無料ステージ毎の無料回数分
1回3万円以上の入金分
200円+税セブン銀行、イオン銀行、PatSat
250円+税上記以外のATM
振込手数料無料楽天銀行口座間
132円+税無料回数サービス有り
定額自動入金
Pay-easy対応一部利用不可の収納先あり
普通預金金利0.02%
0.04%楽天カードからの引落があった場合
マネーブリッジ(300万円超過分)
0.1%マネーブリッジ(300万円まで)
定期預金金利0.02%

楽天銀行の特徴とも言えるのが普通預金金利の高さで、通常でも年0.02%となっておりメガバンクと比較してかなり高めに設定されています。更に楽天グループの他サービスと併せて利用することで、金利は最大年0.1%にまで上昇しますね。

カノケイト
カノケイト

楽天カードと楽天銀行の組み合わせは、

楽天市場のSPUプログラム条件にもなっていますね。

提携ATM

楽天銀行は店舗を持たないネット銀行ですが、他行との提携によって一部ATMからの入出金が可能です。もし楽天銀行で現金を直接利用したい場合は、以下の提携ATMを利用しましょう。

楽天銀行の提携ATM

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • PatSat
  • イーネット
  • ビューアルッテ

この内、ビューアルッテに関しては現金の引出しと残高確認のみに対応しています。こちらから入金することは出来ないので、もし必要であれば他の提携ATMを利用しましょう。

カノケイト
カノケイト

もし硬貨での入金が必要な場合は、

みずほ銀行の一部ATMであれば対応していますよ。

ハッピープログラム

楽天銀行では会員ランク制度が用意されており、口座の利用状況に応じて提供サービスが優遇されます。ハッピープログラムは非常にお得な会員サービスなので、こちらは積極的に活用してくださいね。

ハッピープログラムを利用するためには、楽天銀行と楽天アカウントとの連携(楽天会員リンク登録)が必要です。こちらは口座開設時に楽天アカウントを用いると自動登録されるのですが、そうでない場合は個別に設定をしてくださいね。

カノケイト
カノケイト

楽天銀行ではリンク登録が非常に重要な設定なので、

開設した際には必ず済ませておきましょうね。

ハッピープログラムのランクは5段階あり、判定条件は預金の合計残高と取引状況のどちらかを満たしていることです。基準日は毎月26日~翌月25日終日であり、この時点で条件を満たしていれば翌月のランクとして適用されます。

ハッピープログラムの適用条件と優待サービスの一覧

ベーシックアドバンスプレミアムVIPスーパーVIP
残高条件10万円50万円100万円300万円
取引条件5件10件20件30件
ATM手数料無料回数1回2回5回7回
振込手数料無料回数1回2回3回3回
ポイント倍率1倍1倍2倍3倍3倍
カノケイト
カノケイト

サービスの適用内容と達成のしやすさを考えると、

VIP会員を狙えば十分にお得ですね。

ハッピープログラムでは取引に応じて楽天ポイントを付与するサービスも提供されており、こちらにはランクに応じたポイント倍率が反映されます。例えば、多くは条件達成によって1ポイントが付与されますが、そちらの付与ポイントは最大3ポイントまでアップしますよ。

ハッピープログラムのポイント特典で、比較的利用しやすいもの

  • 他行口座からの振込があれば1~3ポイント(1日1回まで)
  • 給与・賞与・年金の受取り1件につき1~3ポイント
  • 楽天銀行法人口座からの振込1件につき1~3ポイント(1日15回まで)
  • 口座振替1件につき1~3ポイント(一部クレジットカード料金は1日1回まで)
  • 楽天カードの口座振替で3~9ポイント
  • Pay-easyの支払いを行うと1~3ポイント(1日1回まで)
  • 即時入金サービスの利用で1~3ポイント(1日1回まで)
  • 楽天証券で自動入金(スイーブ)や「らくらく入金」を行うと1~3ポイント(1日1回まで)

楽天カードの引落しではポイント還元が優遇されているので、そちらを契約した際は必ず楽天銀行とセットで活用しましょう。他には他行口座振込や口座振替によるポイント還元も魅力的なので、使い方次第では大量の楽天ポイントを獲得することも可能ですね。

楽天証券とマネーブリッジ

楽天証券とは、楽天証券株式会社が運営しているネット証券のことです。楽天ポイントを利用したポイント投資サービスを始めとした、様々な独自サービスを展開していることも特徴ですね。

楽天銀行ではマネーブリッジというサービスを提供しており、お持ちの楽天銀行口座と楽天証券口座とリンクさせることが可能です。これによって株式の買い付け時に楽天銀行口座から引落しが行われるため、楽天証券へ資金を投入する必要が無くなり便利ですね。

更に、マネーブリッジを設定した楽天銀行口座では、普通預金300万円分までに年利0.1%の預金金利が適用されます。マネーブリッジには費用等も発生しないので、登録しておくだけでもお得ですよ。

カノケイト
カノケイト

300万円分を超える普通預金残高には、

年利0.04%が適用されます。

ちなみに、楽天カードとマネーブリッジをどちらも利用している場合は、マネーブリッジの金利が優先して適用されます。これらのサービスが重複することはありませんが、どちらも楽天銀行で使った方が便利であることには変わりありませんね。

資金お引越し定期

資金お引越し定期とは、楽天銀行で提供されている定期預金商品のことです。他行の自己名義口座から振込があった月であれば、その金額分で特別金利の定期預金を組むことが可能です。

預入期間は1か月のみが選択可能で、金利は0.1%以上と非常に高く設定されています。これを活用することで、より高い利息を受け取ることが可能ですね。

カノケイト
カノケイト

資金お引越し定期の金利は経済状況に応じて変動するので、

毎月チェックするようにしてくださいね。

資金お引越し定期の預入上限は、月間で300万円までです。また、振込金額のカウントを翌月に繰り越すことは出来ず、振込の同月内の預入にのみ適用されるので覚えておきましょう。

デビットカード

楽天銀行ではデビットカードも発行されており、口座残高を用いた即払いによる支払いが行えます。特別な条件も無く1%の還元率が適用されることが人気のサービスであり、機能も多くて使いやすいカードですよ。

楽天銀行デビットカードは用途も広い上に、ポイント充当機能等も非常に便利です。クレジットカードを契約出来ない学生の方には勿論として、楽天カードと併用することもおススメですよ。

カノケイト
カノケイト

国際ブランドはVISA・Mastercard・JCBから選択可能で、

機能も異なるので用途に合わせて選んでくださいね。

楽天銀行デビットカードについてはこちらで扱っているので、よろしければ併せてお読みください。

他社との提携支店口座(BaaS)

BaaSは「Banking as a Service」のことで、自社の銀行システムについてインターネット経由で提携他社がアクセス可能となる技術のことです。これによって提携他社に銀行業務を委託することが可能となり、独自のサービスを追加した特別な支店が提供されるようになります。

楽天銀行でも近年BaaSの仕組みを活用しており、他社と提携した様々な口座が用意されています。金利・手数料等の基本的なサービスは同じなので、より楽天銀行を活用したい場合にはこちらの開設も検討してみましょう。

カノケイト
カノケイト

既に楽天銀行の通常口座を開設している場合であっても、

提携支店の口座を個別に開設することが出来ます。

現在では第一生命保険から「第一生命支店」が提供されている他、JR東日本との提携による「JRE BANK」(JRE はやぶさ/とき/こまち 支店)もスタートしています。こちらでもハッピープログラムやデビットカードといったサービスが用意されているので、通常の支店と併せて活用したいですね。

ちなみに、楽天銀行口座を開設する場合はスマホアプリでの本人確認も可能ですが、第一生命支店ではその際に2種類の本人確認書類が必要となります。こちらの口座を開設したい場合には、提出可能な本人確認書類があるかチェックしてくださいね。

また、通常支店と提携支店で同一のキャンペーンが開催されていた場合、施策によっては参加した口座の中で1つのみ特典対象となることがあります。全てのキャンペーンがそうというわけではありませんが、参加する場合は必ず詳細情報を細かくチェックしておきましょう。

セキュリティ

楽天銀行では様々なセキュリティ設定が可能であり、ネット銀行で不安になりがちな安全性をカバーしています。口座を開設した際には、必ず確認しておきましょう。

利用可能なセキュリティ設定

  • ログイン時のSMS認証
  • 公式アプリの端末連携(使える端末を固定)
  • IPアドレス制限
  • モバイル端末制限(ブラウザ利用の制限)
  • ATM出金制限
  • 振込上限設定

IPアドレスや端末制限をかけておけば、そちらからはパスワードを使用する取引が行えなくなります。非常に強力なセキュリティ設定であり、不正アクセスの危険性を最小限に抑えることが可能ですね。

カノケイト
カノケイト

公式のスマホアプリからネットバンキングを利用すれば、

利便性と安全性を両立することも可能なので併せて使いましょう。

スポンサーリンク

楽天銀行の使い方

楽天銀行を最大限に活用する場合、まずはハッピープログラムの活用を考えましょう。報酬の受取りや他行からの振込等があれば適用される他、クレジットカードの引落し用口座としては非常に優秀ですね。

カノケイト
カノケイト

高金利の銀行で利息を受け取るよりも、

ハッピープログラムでポイントをもらった方がお得なことも多いですよ。

また、楽天銀行では楽天証券とのマネーブリッジも便利ですね。普通預金はクレジットカードの引落し等に使う残高をある程度確保しておくことが必要なので、そちらでより高い金利が適用される状態を作りましょう。

預金総額は預金保険が適用される1,000万円と仮定して考えた場合、その内300万円は資金お引越し定期に充てると良いでしょうね。預入条件は他行の振込無料サービスを使えば簡単に満たすことが可能なので、住信SBIネット銀行等との併用で毎月実行しましょう。

カノケイト
カノケイト

定期預金は課税を簡単に回避する方法があるのですが、

実行するか否かはお任せします。

マネーブリッジの特別金利は300万円分にしか適用されないので、残り400万円分については0.04%の金利が適用されることになります。こちらは他と比べると地味に感じますが、楽天証券を利用すると繰り上げでマネーブリッジの金利が適用されますよ。

スポンサーリンク

楽天銀行の注意点

楽天銀行のハッピープログラムは非常にお得ですが、これに関連して注意しなければならないことがあるのでご紹介します。

特定のウォレットサービスや決済サービスでは、楽天銀行の即時引落としやPay-easy等によるチャージに回数制限や規制がかかっているものが見受けられます。また、他の銀行が利用可能であっても、楽天銀行だけは利用出来ないこともよくあるようです。

これはかつてハッピープログラムを乱用して、少額の自動引落しを何度も行いポイントを乱獲したユーザーがいたことが原因です。これは行って当然の処置とも言えるものなので、解消は難しいでしょうね。

カノケイト
カノケイト

例え便利なサービスであっても、

それを乱用してはいけませんね。

スポンサーリンク

これからの楽天銀行に期待すること

楽天銀行は、ハッピープログラムと高金利によるお得なサービスが魅力のネット銀行です。強力なセキュリティ設定が可能なことも魅力的であり、現状のサービスが維持されるだけでも嬉しいですよね。

それでも強いて挙げるとしたら、公式アプリではネットバンキングの全操作を完結出来るようにして欲しいですね。各種キャンペーンのエントリー等ブラウザからしか使えないサービスは未だ存在するのでそれらを全てをアプリ内で利用出来ればより便利に使えるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

楽天銀行は、とにかくお得なサービスが魅力のネット銀行ですね。マネーブリッジやハッピープログラム等、これらを使いこなせばかなり生活に役立つことでしょう。

楽天銀行はセキュリティ設定が強力な上に、デビットカードも便利なのでネット銀行の初心者にはおススメです。まだ使ったことのない方は、ぜひ口座を開設してみてくださいね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました