楽天Edyの考察!使いやすさとお得を両立した電子マネー

IC型電子マネー

日本国内において、IC型電子マネーは多くの方にとってキャッシュレス決済の入り口となっていますよね。お店で利用可能な電子マネーには何種類かあるのですが、その中で代表的なものの1つが楽天Edyです。

楽天Edyは使い勝手の良い決済方法ですが、使い方によっては非常にお得なお買い物も可能です。生活の中で非常に重宝するサービスなので、様々な場面で活かしていきたいですね。

今回は、楽天Edyについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

サービス概要

楽天Edyとは、楽天グループ傘下の楽天Edy株式会社が提供するIC型電子マネーのことです。チャージした残高を利用して、カード等のアイテムを専用の読み取り機にかざすことで決済を行います。

利用条件等は特に設定されていないので、Edyカードやおサイフケータイ対応スマホ等をお持ちであれば誰でも利用可能です。Edyカード等は基本的に購入する必要がありますが、いくつか無料で手に入れる方法もありますよ。

カノケイト
カノケイト

楽天Edyはカード型だけでなく、

アクセサリー型も販売していますね。

まずは、楽天Edyの基本的なサービスを見ていきましょう。

サービス概要摘要
提供会社楽天Edy
発行手数料無料~種類毎に値段が異なる
年会費無料
残高上限5万円
残高有効期限無期限
チャージ方法ブランドカード対応カードはこちら
オートチャージ可能
チャージ機・コンビニATM
一部加盟店のレジ現金
楽天通常ポイント他社交換ポイントは不可
楽天キャッシュ
銀行口座おサイフケータイのみ
オートチャージ可能
チャージ上限1回2万5,000円まで
1日1万円まで登録30日未満のブランドカード
月間10万円までポイント/銀行口座
月間100万円まで楽天キャッシュ
還元率1決済200円につき1ポイント加盟店によっては
200円につき2ポイント
還元方法楽天ポイントおサイフケータイのみ
他社ポイントを設定可能
補償紛失した際は速やかに
所定の申請を行う
優待

楽天Edyを利用する場合は、楽天市場の公式ショップ又は取扱店舗でアイテムを購入します。楽天Edyカードはデザインが豊富なので、気に入ったものを探してみるのも良いかもしれませんね。

カノケイト
カノケイト

公式ショップではメール便であれば送料無料となる他、

定期的に割引セールが行われているので狙ってみましょう。

Edyカードの管理は楽天の公式サイトを利用する他、カードをスマホの楽天Edyアプリに登録することでも管理可能です。チャージ等も簡単に行えて何かと便利なサービスなので、Edyカードを使う場合はアプリも活用しましょう。

Edyカードの登録

楽天Edyカードを手に入れたら、まずは楽天アカウントにEdy番号を登録しましょう。これによってアカウント上で残高の確認が可能となることに加えて、各種キャンペーンの参加条件を満たすことも出来ます。

Edy-楽天ポイントカードを登録する場合は、付帯されている楽天ポイントカード番号についても登録を済ませましょう。登録完了には申請から2日程度かかるので、それが済むまでは少しだけ待つようにしてくださいね。

カノケイト
カノケイト

ポイントカードの登録は還元サービスに関わってくるので、

少々手間はかかりますが必ず登録を済ませてくださいね。

また、1度登録した楽天Edyを登録削除した場合、そのカードは以降楽天アカウントに紐付けることが出来なくなるので注意しましょう。逆に、1度登録したEdy付帯の楽天ポイントカード機能については、ユーザーの任意では削除出来なくなるので覚えておいてください。

ちなみに、楽天カード付帯のEdyやおサイフケータイの楽天Edyについては、発行した時点で設定が済んでいます。オートチャージ等の追加設定が必要無ければ、そのまま使っても大丈夫ですよ。

楽天ポイント

楽天ポイントとは、楽天グループのサービスで使われている共通ポイントのことです。楽天Edyの還元対象は基本的に楽天ポイントとなっており、決済金額に対して200円につき1ポイントが付与されます。

還元される楽天ポイントは通常ポイントで、貯まった後は楽天の各種サービスで使うことが出来ます。決済サービスやポイント投資等は便利ですが、楽天Edyのチャージに使うことも可能ですよ。

カノケイト
カノケイト

楽天Edyの還元ポイントは決済後2日程度で反映されるので、

あまり待つ必要が無いことも楽天Edyの魅力ですね。

楽天Edyにチャージ可能なポイントは通常ポイントのみで、期間限定ポイントや他社交換ポイントは使えません。チャージは1ポイント以上1ポイント単位で申請を行い、上限は1回2万5,000ポイント、月間10万ポイントです。

ポイントによるチャージ残高はEdyギフトとして付与されるので、期間内に受取りを行うことでチャージが完了します。受取りは楽天Edyアプリ又はFamiポートが対応しているので、どちらか利用しやすい方法で受取りましょう。

また、ポイントチャージの初回申請から約1週間は、ポイントチャージに強い制限が設定されています。1回500ポイントまでしか利用出来ないことに加えて、申請から2日待たなければ残高を受け取ることが出来ないことを覚えておきましょう。

おサイフケータイ

楽天EdyはAndroid端末であればおサイフケータイに対応しており、対応端末があれば簡単に使うことが出来ます。簡単な利用登録を済ませればすぐに使えるので、楽天Edyに興味があればこちらから使っても良いですね。

カノケイト
カノケイト

iPhoneの場合はおサイフケータイの楽天Edyが使えませんが、

Edyカードを管理するアプリが提供されていますね。

楽天Edyをおサイフケータイで使うには、楽天Edyアプリ楽天ペイアプリGoogle Payアプリのいずれかが必要です。楽天Edy情報は端末内で共有されるため、複数のアプリを機能毎に使い分けることも可能となっています。

おサイフケータイ版には特殊な機能があり、還元ポイントを楽天ポイント以外の他社ポイントに変更することが可能です。ANAマイルドットマネー等、貯まって嬉しいポイントが多く用意されていますね。

ただし、貯まるポイントを他社ポイントに設定している場合はキャンペーンに参加出来ないことがあるので注意しましょう。状況に合わせてポイントを変更したり、Edyカードと併用すると良いかもしれませんね。

カノケイト
カノケイト

還元ポイント設定の他にも使えるチャージ方法が豊富であり、

Edyカードと比較すると様々なサービスが充実していますね。

もし機種変更が必要になった場合は、楽天Edyアプリから機種変更手続きを行います。旧端末で手続きを済ませた状態で、30日以内に新端末の公式アプリでログインを済ませればお引越し完了です。

そのため、お引越しする際は必ず先に旧端末の操作を行ってくださいね。また、引越し先の端末が中古品であった場合は、新端末の楽天Edyが初期化されていることについても必ず確認しましょう。

チャージ方法

楽天Edyにチャージする方法としては、基本的にはブランドカード・銀行口座(おサイフケータイのみ)・現金・楽天キャッシュ・ポイントが対応しています。現金チャージでは一部加盟店のレジチャージ機の他、現在はセブン銀行/ローソン銀行ATMも対応しているので活用しましょう。

ブランドカードを用いてチャージする場合は、国際ブランドではなく発行元が指定されています。基本的にはクレジットカードしか利用出来ないので、学生の方には少し難しいかもしれませんね。

カノケイト
カノケイト

チャージ用カードは楽天アカウントの情報が使われるので、

必要であれば予めカードを登録しておきましょう。

また、楽天Edyでは楽天グループのウォレットサービス「楽天キャッシュ」を使ってチャージすることも可能です。申請には公式サイト又はiOSの楽天Edyアプリが必要となり、ポイントチャージと同じフォームで申請を行います。

楽天キャッシュへの残高移行

楽天Edyは楽天キャッシュからチャージ出来るだけでなく、逆に楽天Edy残高から楽天キャッシュへチャージすることも出来ます。もし余っている残高を楽天ペイや楽天証券等で利用したい場合、こちらの相互交換機能を活用しましょう。

カノケイト
カノケイト

現時点ではAndroid版楽天Edyアプリのみ対応していますが、

将来的には楽天ペイアプリでも実装予定となっています。

楽天Edyからチャージした残高は「基本型」(出金不可の分類)として扱われ、月間10万円まで申請可能です。楽天キャッシュへのチャージがしたいときは、楽天Edyアプリのホーム画面右上から「楽天キャッシュ」をタップしましょう。

チャージ元となる楽天Edyはアカウントに登録済みのものから選択しますが、これはおサイフケータイだけでなくEdyカードやグッズ等も対象です。ただし、一部のEdyカード(提携カード等)は対象外となっているので覚えておきましょう。

オートチャージ

楽天Edyではおサイフケータイと楽天カード付帯Edyに限り、残高のオートチャージが利用可能です。事前に設定した水準までEdy残高が減少すると、同様に設定した金額分が自動でチャージされますよ。

楽天カード付帯のEdyでは楽天カードのみでオートチャージが可能であり、特定のお店でお買い物をした場合に適用されます。一方、おサイフケータイの場合は楽天カード以外のブランドカードや銀行口座も利用可能であり、チャージ判定も1時間毎のチェックが追加されています。

カノケイト
カノケイト

おサイフケータイではより自由度の高い使い方が可能であり、

カードと比較してサービスが使いやすくなっていますね。

都度のチャージが面倒という方にとって、オートチャージを利用すると電子マネー特有の煩わしさが軽減されますね。逆に残高の余りを可能な限り少なくしたい方であれば、通常のチャージを利用しましょう。

Edy Viewer

楽天EdyではEdy Viewerというウェブサービスが提供されており、パソコンを使って楽天Edyの残高照会やEdyギフトの受取り等が出来ます。現在ではチャージ手続きに関するサービスが終了していますが、必要な方はブックマークしておきましょう。

カノケイト
カノケイト

Edy Viewerではポイントチャージを受取ることが出来ないので、

その場合は楽天Edyアプリ又はファミマのマルチコピー機を利用しましょう。

Edy Viewerを利用する場合、パソリのようなICカードリーダー/ライターが必要なので用意してください。また、ブラウザはInternet Explorerにのみ対応しているので注意しましょう。

Windows10の場合はスタートメニューのWindowsアクセサリから、Internet Explorerをすぐ使えるようにピン止めしておくと便利ですよ。Windows11ではInternet Explorerが使えないものの、Microsoft Edgeの互換機能であれば利用出来るのでお試しください。

Windows11でEdy Viewerを利用するための方法についてはこちらで扱っているので、よろしければ併せてお読みください。

Edyギフト

楽天Edyの基本的な還元対象は楽天ポイントですが、何らかのサービス利用によってキャッシュバックや残高のプレゼントが発生した場合はEdyギフトとして付与されます。付与対象となる楽天Edyでのみ受取可能で、受取った後はそのまま決済に利用可能です。

Edyギフトを受取るためには、主に楽天Edyアプリ・Edy Viewer・ファミリーマートのFamiポートを利用します。Edyギフトには受取り期限があるので、もらったときはお早めに受取り申請を済ませましょう。

カノケイト
カノケイト

専用チャージ機やANAの自動チェックイン機でも受取可能ですが、

これらは街中であまり見かけないので考えなくても大丈夫ですよ。

ちなみに、「楽天Edyお得ナビ」というメルマガではEdyギフトがもらえるメールを配信しています。メール記載のバナーをクリックするだけで後日受取りが出来るので、興味のある方は利用しましょう。

スポンサーリンク

楽天Edyの使い方

Android端末の利用者が楽天Edyを使うのであれば、特に理由が無ければおサイフケータイがおススメです。無料で発行可能なことに加えて、楽天EdyアプリのUIが優れているので管理もしやすいですからね。

iPhone等を利用している方や、使い分けをお考えの場合は楽天カード付帯Edyを利用しましょう。時にはこちら限定のキャンペーンが開催されていることもあるので、機会があれば積極的に参加してみてくださいね。

カノケイト
カノケイト

楽天カードのEdy残高はカード更新時に移行することが可能であり、

残高が余ったまま失効することは無いので安心して使いましょう。

チャージ方法

楽天Edyにチャージする場合、ブランドカードであればポイント二重取りが狙えるのでお得ですね。ただし、大抵のブランドカードでは楽天Edyへのチャージがポイント還元対象外として指定されているので注意が必要です。

楽天Edyチャージでポイントが付くカードとしては、まずは楽天カードが挙げられます。還元率は0.5%に縮小してしまいますが、楽天銀行のハッピープログラムと併せて利用すると最大9ポイント分が追加で還元されますよ。

他の候補としては、還元率1.2%を誇るリクルートカードが有効です。電子マネーチャージ全体で月間3万円までが還元対象ですが、それでも強力なカードであることには間違いありませんね。

カノケイト
カノケイト

楽天Edyチャージを目的にリクルートカードを発行する場合は、

必ずVISA又はMastercardブランドを選択してくださいね

また、こちらはいつか封鎖される可能性が高い方法ですが、現在ではANA Payプリペイドカードからもチャージ可能であることが確認されています。ANA Pay自体もKyashカード等を経由してチャージ出来るため、ポイント多重取りによるお得さを重視する方であればこちらのルートがおススメです。

ただし、カードチャージを連日に渡って行った場合は、登録カードがロックされることがあるので注意しましょう。カードのロックは翌々月に解除されるので、該当する方はしばらくお待ちください。

その他のチャージ方法としては、コンビニ等で販売されている楽天ギフトカード(楽天キャッシュ)も活用出来ます。セブンイレブン等では時々ギフトカードの増量キャンペーンを開催していることがあるので、そちらに参加出来ればかなりお得ですよ。

キャンペーン

楽天Edyではお得なキャンペーンが頻繁に開催されているので、お買い物の際はこちらも活用しましょう。キャンペーンの対象や期間は様々なので、余裕があるときにページをチェックしてくださいね。

カノケイト
カノケイト

楽天Edyのキャンペーンはお買い物前チェックしておき、

毎回お得な支払いが出来るように準備しておきましょう。

特定のお店でポイントアップするキャンペーンも魅力ですが、現在はスタンプラリーが毎月開催されているのでこちらにも注目しましょう。これは毎月提示されたお題を達成することで、ポイントがもらえるというものです。

また、キャンペーンには新規ユーザー向けに開催されているものがあり、初回決済やチャージをお得に行えます。楽天Edyを新規に利用する方は、必ずこちらへ参加しましょう。

楽天キャッシュとの相互的な活用

楽天Edyでは楽天キャッシュ残高との相互交換が可能ですが、これは残高の融通が利く以上に効果的な機能です。両サービスにはチャージ方法を始めとした様々な差異があるため、実質的に機能の相互的な拡張が実現しています。

楽天Edyの残高はEdyカード等で個別に保有されますが、楽天キャッシュへチャージすれば複数のEdy残高をまとめることが可能です。楽天キャッシュであれば送金も可能となるので、家族間のEdy残高をまとめることも出来て便利ですね。

また、楽天Edyから楽天キャッシュへのチャージが出来ることにより、楽天キャッシュでは実質的に楽天Edyのチャージ方法も使えることになります。楽天Edyであればより豊富なカードでチャージ出来るので、楽天ペイや楽天証券の投信積立等がよりお得に出来ますね。

カノケイト
カノケイト

楽天キャッシュにATMチャージする際にはスマホが必要ですが、

今では事実上Edyカードがあれば出来るのでそちらも地味ながら便利ですね。

楽天Edyは楽天キャッシュと併用することにより、よりサービスの利便性が向上します。いくつかの制限があることも事実ですが、こちらも積極的に活用して行きましょう。

スポンサーリンク

楽天Edyの注意点

IC型電子マネー自体はセキュリティが非常に高い決済手段ですが、楽天Edyカードやスマホ等の紛失・盗難には注意が必要です。楽天Edyでは不正利用に対する損害は補償されないので、紛失・盗難自体に遭わないよう対策をしましょう。

おサイフケータイの場合は利用停止申請と残高の移行が可能ですが、楽天Edyカードでは利用停止も再発行カードに残高を引継ぐことも出来ません。最悪の場合は、紛失したカードの残高を諦めなければならないかもしれませんね。

カノケイト
カノケイト

他社のIC型電子マネーでは紛失・盗難時の対応がしっかりしていますが、

その感覚で楽天Edyを使うといつか困ることになるので注意しましょう。

スポンサーリンク

これからの楽天Edyに期待すること

楽天Edyはとても魅力的な決済サービスであり、特におサイフケータイは非常に便利です。対して楽天Edyカードはどうしても見劣りしてしまうので、こちらの使い勝手についても向上して欲しいですよね。

また、楽天EdyではiOS端末に対応していないことがどうしても気になりますね。日本ではiPhoneユーザーもかなり多いので、Apple Payで使えるようになればより重宝されるはずです。

楽天Edyは最近でも楽天キャッシュとの相互交換に対応する等、サービスの改善に期待が持てるサービスです。補償関連の整備等他にも気になる部分はあるのですが、それらについても期待したいところですね。

スポンサーリンク

まとめ

楽天Edyは使い勝手の良いIC型電子マネーであり、独自の魅力を持つ決済手段ですね。特におサイフケータイは機能も豊富で、貯まるポイントも自由に設定可能なので誰にとっても使いやすいサービスとなっています。

楽天グループのサービスとして提供されている楽天Edyでは、キャンペーンも豊富でお得なお買い物が可能ですね。楽天Edyはこれからの展開にも期待出来る電子マネーなので、生活の中で活用していきましょう。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました