ICOCAの考察!ポイント還元がお得な交通系電子マネー

IC型電子マネー

通勤・通学で公共交通機関を利用する場合、運賃の支払い方法としてはIC型電子マネーが便利ですよね。特に支払いの手軽さやスピードが優れており、現代社会で最も普及しているキャッシュレス決済と言っても過言ではありません。

公共交通機関が発行しているIC型電子マネーは地域毎に存在していますが、関西圏を中心に使われているのがICOCAです。取っ付きやすい上にお得なポイント還元もあるサービスなので、該当エリアにお住まいの方は活用してくださいね。

今回は、ICOCAについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

サービス概要

ICOCAとは、JR西日本が提供しているIC型電子マネーのことです。事前にチャージした残高を利用して、改札や店舗等の読み取り機にかざすことで支払いを行います。

カノケイト
カノケイト

ICOCAは関西圏を中心に提供されていますが、

全国の相互利用エリアで使うことも可能です。

ICOCAを利用するためには、券売機等でICOCAカードを発行することが必要です。また、小学校を卒業される前の方であれば小児用カードを発行することも可能ですね。

まずは、ICOCAの基本的なサービス概要を見ていきましょう。

サービス概要適用
提供会社JR西日本
デポジット500円払戻し時に返還
年会費無料
残高上限2万円
残高有効期限残高の変動から10年間
チャージ方法チャージ機や券売機等
店頭
クレジットカードSMART ICOCA
モバイルICOCA
還元率200円につき1ポイントポイント加盟店
還元方法WESTERポイント使うICOCAによって
分類が異なる
補償紛失再発行ICOCA定期券
小児用ICOCA
SMART ICOCA
優待鉄道利用時の特別還元

ICOCAカードを購入する場合、デポジット分を含めた2,000円の支払いが必要です。また、SMART ICOCAやこどもICOCAを発行する場合は、公的機関が発行する証明書が必要となっていますね。

もしICOCAカードを使わなくなった場合は、ICOCAエリアの窓口で所定の払戻し申請を行いましょう。払戻しされる残高や定期券の金額分からは200円+税の手数料が差し引かれるので、通常のICOCAカードでは残高を使い切ってから申請してくださいね。

カノケイト
カノケイト

払戻し残高が手数料未満であった場合、

デポジットの500円のみが返金されます。

ICOCA定期券

ICOCAカードは定期券として発行することも可能であり、購入した区間であればいつでも乗車出来ます。通勤・通学等で同じ区間を移動される方であれば、便利に使えそうですね。

また、購入した区間外でカードを利用した場合、残高が残っていればそちらで通常通り支払うことも可能です。1枚あれば様々な状況での支払いが可能なので、状況に応じて活用しましょう。

カノケイト
カノケイト

既にお持ちのICOCAカードを定期券に変更する場合、

新たにデポジットが発生することはありません。

こどもICOCA

こどもICOCAとは、小学生までの方のみに発行されているICOCAカードのことです。12歳になって3月31日を迎えるまで使えるカードであり、その後は手数料無料での払戻しに対応しているようですね。

カノケイト
カノケイト

こどもICOCAを利用して運賃を支払った場合、

子供料金が自動で適用されますよ。

こどもICOCAの発行等で手続きを行う場合、公的機関が発行した証明書が必要です。手続き自体は親権者でも行えるので、発行自体の負担を気にする必要はありませんね。

SMART ICOCA

SMART ICOCAとは、ICOCAで提供されているカードの1種類です。クレジットカードを用いてチャージすることが可能なので、より利便性が向上していますね。

SMART ICOCAは郵送で申込する他、ウェブサイト「JRおでかけネット」から発行することも可能です。購入代金はクレジットカードによる支払いが可能ですが、国内で流通している国際ブランドであれば大抵が使えますよ。

カノケイト
カノケイト

海外発行カードやデビットカード等では申込めないので、

その意味では利用者に制限があるようです。

クレジットカードからチャージを行う場合、ICOCAエリアのチャージ機や券売機等で「クイックチャージ」を選択しましょう。クイックチャージの限度額は1日2万円まで、1か月4万円までとなっています。

モバイルICOCA

モバイルICOCAとは、その名の通りスマホのNFC機能によって提供されているICOCAのことです。対応しているAndroid端末で利用可能な他、現在ではiPhone及びApple Watchでも「Apple PayのICOCA」として利用出来ますね。

最大の特徴はチャージのしやすさであり、アプリ上でポイントやブランドカードからいつでもチャージ可能となっています。Androidでは国内発行のVISA・Mastercard・JCB・American Expressの4ブランドが対応しており、iPhoneではJ-WESTカードやApple Payに登録済みのカードが利用可能です。

カノケイト
カノケイト

原則としてはクレジットカードのみ登録可能となっていますが、

一部のブランドプリペイドカード等でもチャージ可能な様子です。

モバイルICOCAは支払いの他に定期券を購入することも出来ますが、購入出来るのは通常の鉄道運賃の分のみとなっています。また、一部の区間やエリアの定期券も利用出来ないことがあるので、もし定期券を利用する場合は予め確認しておきましょう。

ちなみに、JR西日本が提供するクレジットカード「J-WESTカード」では、現在モバイルICOCAへのチャージでポイントが3倍貯まる特典が提供されている様子です。もしよりお得にチャージしたいという方であれば、J-WESTカードの利用も選択肢に入れてみましょう。

モバイルICOCAの機種変更

現在ご利用のスマホで機種変更を行う際、モバイルICOCAを利用している場合はそちらでも機種変更の手続きが必要です。具体的には旧端末でICOCAのデータをサーバーに保存し、新端末で再設定を行うといった流れとなっています。

もし新端末がリユース品等であった場合、その端末にモバイルICOCAが登録されていないことを事前に確認してくださいね。また、異なるOS間で機種変更を行う際には、WESTER会員情報が必要となるので覚えておきましょう。

カノケイト
カノケイト

機種変更の操作方法はiPhoneとAndroid端末で異なる他、

一部のアプリは事前のダウンロードが必要です。

旧端末がiPhoneの場合、データを保存するにはウォレットアプリを操作します。移行するICOCAを選択した上で右上のメニューから「カードの詳細」をタップし、そのままカードを削除すれば保存完了です。

旧端末がAndroid端末の場合はおサイフケータイアプリを開き、交通系ICカードの欄で「メインカードの確認・切替」をタップします。その後は移行するICOCAを選択した状態で「カードを預ける(機種変更)」をタップし、案内の通りに操作して行けば保存完了です。

カノケイト
カノケイト

同じOS同士で機種変更を行う場合、

両端末では同じApple ID又はGoogleアカウントを利用しましょう。

iPhone同士で機種変更を行う場合、新端末で再設定を行うにはウォレットアプリを操作します。画面右上の+ボタンから「以前ご利用のカード」を選択し、追加するICOCAを選択した上で、案内の通りに操作して行けば機種変更完了です。

Android端末同士で機種変更を行う場合、おサイフケータイアプリを開いて「マイサービス」タブをチェックします。交通系ICカードの欄で「交通系ICカードの受け取り」からモバイルICOCAを選択し、再設定するカードで「受け取る」をタップして操作すれば機種変更完了です。

異なるOS間で機種変更を行う場合、ICOCA(モバイルICOCA)アプリを開いて「ICOCAを受け取る」をタップします。その後アプリでWESTER会員のログインを行い、「受け取る」をタップして案内の通り操作して行けば機種変更完了です。

WESTERポイント

WESTERポイントとは、JR西日本のサービスで提供されているポイントサービスのことです。ICOCAの還元サービスもこちらで行われており、ICOCAエリアやポイント加盟店での利用金額に応じて還元されます。

ICOCAカードでWESTERポイントを貯めるには、事前にWESTER会員での利用登録が必要です。また、SMART ICOCAでは何もしなくてもポイントが貯まりますが、登録の有無によって貯まるポイントの種類が変化するそうです。

カノケイト
カノケイト

ポイント加盟店でのお買い物でICOCAを利用した場合、

200円につき1ポイントが還元されます。

WESTERポイントには基本ポイントとチャージ専用ポイントの2種類があり、ICOCAカードの場合はチャージ専用ポイントが付与されます。SMART ICOCAでは未登録の場合や2023年3月末までに利用した場合でチャージ限定ポイントが貯まり、登録済み且つ4月以降の利用では基本ポイントが付与されるそうです。

貯まったポイントは1ポイント=1円の価値を持ち、主にお買い物・ポイント交換・乗車券予約・ICOCAチャージ等の用途が提供されています。基本ポイントは全ての用途に使えますが、チャージ専用ポイントはその名の通りICOCAチャージにしか使えません。

基本ポイントの有効期限は取得から2回目に迎える3月末となっており、早ければ1年程で失効してしまうので忘れずに使いましょうね。その一方で、チャージ専用ポイントの有効期限は設定されていないようです。

鉄道利用でのポイント還元

JR西日本のICOCAエリアで支払いを行った場合、WESTERポイントの特別還元が行われます。区間登録等は必要無く、条件に合った場合は自動で還元サービスが適用されます。

1つ目は時間帯指定ポイントであり、特定区間を1か月間に4回目以降利用した場合に適用されます。平日10時~17時又は休日の利用がカウント対象となり、特定区間の運賃1回分に対して10%分がポイント還元されますよ。

2つ目は利用回数ポイントであり、同一運賃区間で1か月以内に11回目以降利用した場合に適用されます。同じ運賃であれば区間が異なっても適用され、運賃1回分の10%がポイント還元されます。

カノケイト
カノケイト

こどもICOCAでは時間指定ポイントが適用されず、

利用回数ポイントについては小児運賃を基準に還元されます。

セキュリティ

ICOCAはICチップを用いた決済手段であり、それ自体が高いセキュリティを持っています。カードが紛失・盗難に遭うことが無ければ、まず不正利用が発生することはありません。

もしICOCAカードが紛失・盗難に遭った場合、残高を引継いだ上で再発行することが可能です。紛失再発行には手数料520円とデポジット500円が発生する他、通常のICOCAカードは再発行出来ないので覚えておきましょう。

カノケイト
カノケイト

ICチップに不具合がある場合の再発行については、

追加の費用が発生しないので安心しましょう。

スポンサーリンク

ICOCAの使い方

ICOCAを利用する場合は、どのカードを使うとしてもWESTERポイントの活用をまず考えましょう。ICOCAエリアの鉄道を利用する他にも、普段のお買い物で有効な場面も多いはずです。

更にお得さを増して使いたい場合は、やはりクレジットカードでチャージ可能な種類のICOCAがおススメとなります。基本的にはモバイルICOCAが便利ですが、対応機種以外の端末をご利用の方はSMART ICOCAを活用しましょう。

カノケイト
カノケイト

ICOCAへのチャージでポイントが還元されるか否かは、

各ブランドカード毎の規約を確認してください。

J-WESTカード以外でポイントが貯まるブランドカードとしては、月間3万円分のチャージを上限として1.2%還元が適用されるリクルートカードがお得ですね。この用途でリクルートカードを発行する場合、国際ブランドはVISA又はMastercardを選択しましょう。

モバイル版のICOCAを利用する場合、対応するブランドプリペイドカードがあればチャージ時に中継することも有効です。こちらであればICOCAが還元対象外となっているカードでもポイントが貰えるので、よりお得にサービスを使いたい方はこちらも模索してみましょう。

スポンサーリンク

これからのICOCAに期待すること

ICOCAは非常に取り扱いやすい決済手段であり、ポイント還元によるお得さも備えています。そのため、現状のサービスがある程度継続されるだけでも嬉しいですよね。

現在ではモバイルICOCAが登場してより便利に使えるようになり、オンラインでチャージが出来るというだけでかなり使いやすくなりましたね。ただし、2023年に登場したばかりということで不具合の報告もそれなりにあるので、今後はそちらのブラッシュアップに期待したいところです。

スポンサーリンク

まとめ

ICOCAは関西圏を中心に使える決済サービスであり、ポイント還元もお得な交通系ICカードですね。ポイントの使い方も簡単な電子マネーなので、サービスとしての取っ付きやすさがあることも魅力となっています。

ちなみに、マスコットキャラクターの青いカモノハシは「イコちゃん」です。イコちゃんについてはグッズ展開も行われているので、欲しい方はそちらも調べてみましょう。

もしICOCAに興味があれば、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました