Kyashカードの考察!使える場面が豊富でトリッキーなVISAプリペイド

ブランドプリペイドカード

ブランドプリペイドカードを利用する目的としては、還元サービスを利用したポイント二重取りが挙げられます。お得なお買い物をするには欠かせない、キャッシュレス決済における重要なテクニックの1つですね。

ポイント二重取りで活用されているブランドプリペイドカードとして、有名処としてはKyashカードというサービスが提供されていますね。現在では還元率も控えめになりましたが、それでも使い方次第ではお得に使うことも可能ですよ。

今回は、Kyashカードについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

Kyashカードの概要

Kyashカードとは、株式会社Kyashが提供するブランドプリペイドカードサービスのことです。Kyashはスマホアプリとして提供されているウォレットサービスであり、カードではアプリ残高からの引落しによってVISA決済を行います。

登録時の年齢制限は特にありませんが、未成年者の場合は親権者の同意が必要です。また、一部の機能制限を解除するには本人確認が必要なので覚えておきましょう。

Kyashのウォレットサービスについてはこちらで扱っているので、よろしければ併せてお読みください。

カノケイト
カノケイト

尚、Kyash Card Liteについては今回省略しています。

こちらは発行するメリットがありませんからね。

まずは、Kyashカードの基本的なサービス概要を見ていきましょう。

Kyash CardKyash Card virtual摘要
発行会社Kyash
国際ブランドVISA
ICカード付帯
電子マネーNFC PayVISAのタッチ決済
QUIC Pay+Apple Pay
Google Pay
発行手数料900円無料
年会費無料
為替手数料3%海外加盟店での
日本円決済も対象
残高区分Kyashマネー現金や銀行口座、報酬による入金分
Kyashバリューカードやポイント等による入金分
Kyashマネー
還元率
1決済100円につき
1ポイント
1決済200円につき
1ポイント
月間最大12万円の決済まで
Kyashバリュー
還元率
1決済500円につき1ポイント月間5万円の決済まで
還元方法Kyashポイント売上情報到達時に付与
3Dセキュアアプリ通知認証都度に方法を選択する
SMS認証
メール認証
利用限度額日間30万円日間10万円
月間100万円月間15万円
利用制限設定決済一時停止/再開設定ネットや海外実店舗
毎の個別設定可能
決済上限設定日間1,000円単位
月間1万円単位
補償不正利用補償発生から90日以内且つ
知ってから30日以内の申請
1年間で1回のみ
優待

カードの機能としてはICチップが付帯されたリアルカード「Kyash Card」が優れていますが、発行手数料は少々高めです。もし他社決済サービスへのチャージ用カードとしてのみ使うのであれば、バーチャルカードの「Kyash Card Virtual」でも十分と言えます。

ちなみに、Kyash Cardをお得に発行したい場合は、ご家族やご友人の招待コードを利用することで発行手数料分のポイントがもらえます。紹介した側にも300ポイントが付与される(10回まで)ので、身近な方がKyashに興味を示した際に活用しましょう。

使えるお店

KyashカードはVISAブランドによる支払いが可能であり、3Dセキュアにも対応しているので幅広いネット加盟店でも使えます。また、スマホのApple PayやGoogle Payに登録すれば「QUIC Pay+」が利用出来る他、ICチップ付きの「Kyash Card」であれば暗証番号が必要な支払いや「VISAのタッチ決済」による支払いも可能ですね。

ただし、Kyashカードは一部の加盟店で使えないことがあるので、利用する際には覚えておきましょう。また、一部加盟店では「Kyash Card」のみ支払いに対応している様子なので、もし必要であればそちらの発行も検討してみましょうね。

Kyashカードが使えない加盟店

  • nanaco・楽天Edy・Vプリカ等のチャージ
  • ANA Pay・IDARE・バンドルカード・B/43・MIXI M
  • 定期契約
  • 高速道路
  • ブランドプリペイドカード自体を拒否している加盟店

「Kyash Card」のみ対応している加盟店

  • 一部のサブスクリプションサービス
  • ガソリンスタンド
  • レンタカー
  • 海外実店舗

ちなみに、これらのお店の中でQUIC Pay+の加盟店があった場合、Apple PayやGoogle Payを利用することで通常利用不可の加盟店でも支払い可能となる様子です。Kyash Card Virtualを利用している方であれば、QUIC Pay+の加盟店を一度チェックしてみましょうね。

カノケイト
カノケイト

Kyashカードではサービス提供条件が時々変更されるので、

アプリのお知らせや通知情報をよく確認してくださいね。

本人確認

Kyashアプリを登録したばかりの状態では、一部の機能に制限がかけられています。サービスの制限を解除して全機能を利用するには、アプリで本人確認を行いましょう。

Kyashアプリではスマホを用いた本人確認(e-KYC)を行い、本人確認書類と顔写真の撮影を行います。本人確認書類として利用可能なものは、運転免許証・パスポート・在留カード・運転経歴証明書・マイナンバーカードの5種類です。

カノケイト
カノケイト

健康保険証や学生証等は利用出来ないので、

高校生までの方はマイナンバーカードを使うことになりそうですね。

本人確認の有無は決済上限や残高の分類に関わる他、「Kyash Card」を発行する際には必ず求められます。サービスに大きな影響を与える要素なので、可能であれば本人確認を済ませておきましょう。

残高の区分

Kyashはチャージ手段によって残高が分かれており、「Kyashマネー」と「Kyashバリュー」が存在します。サービス内容も大きく異なり、特に還元率の差は大きいので注意が必要です。

それぞれの残高がウォレット内に併存している場合は、Kyashバリューから先に消費されます。また、ポイント還元率は利用した残高区分毎に個別計算されているので、これらの性質はしっかりと覚えておきましょうね。

Kyashマネー

Kyashマネーとは、本人確認済みのアカウントで利用可能な残高のことです。アカウントがKyashマネーの状態でチャージされた金額の内、現金・銀行口座・報酬受取によってチャージされた分のことを指します。

Kyashマネーは送金や出金等Kyashのサービスを全て利用可能な他、「Kyash Card」の支払いに利用した場合は1%のポイント還元率が適用されます。ただし、LiteやVirtualの支払いに利用した場合、還元率は0.5%に低下するので覚えておきましょう。

カノケイト
カノケイト

Kyashマネーをメインに利用する場合は、

「Kyash Card」の発行をおススメします。

具体的なチャージ方法としては、コンビニ店頭セブン銀行/ローソン銀行ATM銀行口座即時入金サービス銀行口座振込Pay-easy一部を除いた企業からの送金が挙げられます。即時入金サービスを利用する場合は、こちらで対応銀行について予め確認してくださいね。

銀行口座振込ではユーザー毎に作成される入金専用口座を利用しますが、こちらはGMOあおぞらネット銀行の法人向けサービス「振込入金口座」が用いられています。そのため、同行口座からの振込であれば振込手数料が発生しないので、もし口座振込による入金が必要な場合は活用しましょう。

Kyashバリュー

Kyashバリューとは、Kyashマネーの条件に当てはまらない残高のことです。ブランドカード・Kyashポイント・ギフトによってチャージした残高の他、本人確認未済アカウントでチャージした残高は全てこちらに分類されます。

カノケイト
カノケイト

本人確認未済アカウント宛にKyashマネーを送金した場合、

その残高はKyashバリューに変化するようです。

Kyashバリュー残高は支払いや送金であれば可能ですが、出金サービスに使うことは出来ません。また、こちらを使って決済を行った場合、その還元率は0.2%(1決済500円につき1ポイント)まで減少するので覚えておきましょう。

ブランドカードでチャージする場合は、3Dセキュア対応のVISA・Mastercard・JCB・American Expressブランドが対応しています。これだけ多くのブランドでチャージが出来るブランドプリペイドカードは珍しく、決済サービスとしての利便性がかなり高いですね。

また、ブランドカードからのチャージは100円以上から1円単位で行えます。Kyashカードはチャージに関する自由度が非常に高いため、様々な用途で重宝する決済サービスとなるはずです。

オートチャージ

Kyashに銀行口座又はブランドカードを登録している場合、オートチャージを設定しておくことも可能です。都度のチャージがどうしても面倒に感じてしまう方は、こちらのサービスを活用しましょう。

オートチャージの設定としては残高を条件として指定可能な他にも、日付を指定して毎月特定の日にチャージする設定も可能です。Kyashカードによる定期的な支払いがある方は、こちらのサービスを活用しましょう。

カノケイト
カノケイト

日時指定のオートチャージは1万円単位でしか設定出来ないので、

もし利用する場合は残高が増え過ぎないように注意してくださいね。

Kyashポイント

Kyashカードでは「Kyashポイント」という独自のポイントサービスが用意されており、Kyashカードによる決済金額に応じて還元されます。還元率は利用しているカードや残高の種類によって変わり、1ポイント=1円の価値を持っています。

Kyashポイントでは発行したカードの種類に応じて上限が設定されており、Kyash Cardでは月間1,200ポイントまでLite/Virtualでは月間600ポイントまでとなっています。また、バリュー残高によるポイント還元は月間5万円の支払いまでに制限されている他、一部取引や加盟店は還元対象外に指定されているので覚えておきましょう。

Kyashポイントの還元対象外取引・加盟店

  • モバイル版のSuicaや一部ウォレットサービスへのチャージ
  • 公共交通機関の運賃・定期券・回数券等
  • 換金性の高い商品(金券・商品券・有価証券等)を扱う加盟店
  • 税金やふるさと納税・公共料金
  • 郵便局・造幣局
  • 寄付
  • 代金未回収が発生した取引・不正取引等
カノケイト
カノケイト

Kyashポイントは決済から5日前後で付与されるので、

還元までの待ち時間がかなり短いことがメリットですね。

Kyashポイントは1ポイント単位で利用可能であり、Kyashバリューとして残高にチャージすることが出来ます。有効期限は最後にポイントを得たときから180日となっており、意外と短めなので期限が切れる前に使ってしまいましょう。

Kyashコイン

Kyashアプリでは「Kyashコイン」というサービスが提供されており、コンテンツの専用ポイントを消費して抽選へ応募することが出来ます。アプリの「リワード」タブから参加出来るので、興味があればこちらも活用してみましょう。

専用ポイントの「Kyashコイン」はタブを開くことで毎日1回引けるくじから貰える他、Kyashカードによる支払いで1円につき1コインが付与されます。ただし、Kyashポイントの還元対象外取引・加盟店ではKyashコインも還元対象外となるので覚えておきましょう。

カノケイト
カノケイト

以前は「Kyashリワード」というポイントサイトのようなサービスを提供していましたが、

こちらが今後どうなるのかについては不明のままとなっています。

抽選には「デイリーチャレンジ」と「ウィークリーチャレンジ」の2種類があり、前者は主に少額のデジタルギフト券が、後者はデジタルギフト券や物品が当たります。応募出来る景品の種類は開催期間毎に異なるので、参加したい場合は毎日チェックしておきましょう。

デイリーチャレンジはその名の通り毎日1回ずつ1,000~2,000コイン程度で参加可能となり、引いた後すぐに結果が分かるようになっています。こちらの景品には当選後2週間の受取り期限が設定されているので、もし当たった際にはすぐにギフト券の受取り申請を済ませましょう。

また、デイリーチャレンジに参加すると「デイリーチャレンジスタンプ」が1つ付与され、参加回数に応じてKyashコインが貰えます。更にスタンプが4つ貯まるとKyashポイントの抽選に参加可能となり、1ポイント~最大100ポイントが貰えるようです。

カノケイト
カノケイト

デイリーチャレンジは当選した順に枠が埋まって行く関係で、

状況によっては参加出来なくなることも有り得ます。

ウィークリーチャレンジは毎週月曜日から日曜日を期間として開催され、抽選結果は翌月曜日の午前9時に発表されます。こちらは応募後にTwitterで共有すると当選確率が上昇するらしいので、本気で狙いたい方はこちらもチェックすると良いかもしれませんね。

ちなみに、Kyashコインには有効期限が設定されており、付与された翌月末まで余っていた分は失効してしまいます。正直こちらのコンテンツで当選するのは稀ですが、どうせ期限が短いのであれば使ってしまいましょうね。

共有口座

共有口座とは、複数人でシェア可能なウォレットのことです。Kyashでは個人口座(登録時に作られるウォレット)とは別に共有口座を作成し、参加者はここにKyashマネーを移行することが可能です。

カードの引落し先を共有口座に変更することで、共有口座の残高を使ってそのまま支払いも行えます。サークル活動での資金集めや、グループ内での割り勘等で活用出来そうですね。

カノケイト
カノケイト

Kyashの共有口座機能は1人で使うことも可能であり、

Kyashマネーを分離して管理したい場合に便利ですよ。

Kyashマネー残高を共有口座に入金しておけば、Kyashバリューのみで決済を行いたい場合に重宝します。サービス本来の使い方とは違うのですが、道具は使い方次第ということで広く活用して行きたいですね。

セキュリティ

Kyashカードではアプリ上から決済一時停止/再開設定が可能な他、決済上限設定も可能です。決済一時停止は機能全体のロックが可能な他、オンライン決済と海外実店舗決済を個別に停止することも可能ですよ。

カノケイト
カノケイト

日本国内だけでしか使うつもりの無い方であれば、

海外実店舗決済は常にロックしても大丈夫ですね。

もし不正利用に遭った場合、その被害はKyashマネーアカウント利用規約第31条及びKyashバリューアカウント利用規約第27条によって補償されます。必要な場合は管轄の警察組織に被害届を提出した上で、発生から90日以内且つ知ってから30日以内に所定の申請を行いましょう。

不正利用補償の手続きが一段落した後は、Kyashカードの再発行手続きを行いましょう。ただし、リアルカードの再発行を行う場合は、通常と同じ発行手数料が必要なので用意してくださいね。

スポンサーリンク

Kyashカードの使い方

Kyashカードは少々トリッキーな使い方が出来るサービスですが、クレジットカードのようなポイントアップ特典の類は基本的にありません。最大限に活用したい場合はチャージ方法の工夫が必要ですが、その他にもKyashコインを活用してみましょう。

Kyashコインは「リワード」タブにアクセスするだけで毎日1回ランダムで貰えるので、欠かさずチェックしておけば支払いをしなくてもくじが引けます。コンビニ引換券等の1,000コイン位で引ける景品がある日を狙って行けば、Kyashポイントが着実に貯まって行くはずですよ。

カノケイト
カノケイト

現在のデイリーチャレンジはすぐに枠が埋まってしまう様子なので、

毎日の朝までにはチェックしておきたいですね。

ちなみに、Kyashカードは他社ブランドプリペイドカードへ更にチャージ出来るという特徴で知られていますが、現在では多くのサービスが利用不可加盟店に指定されています。ただし、現状ではTOYOTA Walletであればまだ利用出来る様子なので、必要であればそちらで使ってみても良いかもしれません。

おススメのチャージ用カード

Kyashカードを利用する場合は、還元率の低さを考慮してもブランドカードからチャージした方がお得です。還元率1%以上のカードを利用すれば、Kyashマネーの還元率を簡単に上回りますからね。

チャージ用カードを選択する場合は、とにかく還元率の高いカードを選択しましょう。Kyashに対応しているVISAやMastercardブランドの中であれば、1.5%還元を目安に探してみてくださいね。

年会費の無料化が可能なおススメのカードとしては、三井住友カードゴールド(NL)エポスゴールドカード等が挙げられます。どちらも通常の還元率が0.5%ですが、それに加えて年間100万円の決済で1万ポイントのボーナスが付与されますね。

カノケイト
カノケイト

チャージ用のカードとしてはデビットカードも使えるので、

学生の方には楽天銀行デビットカードがおススメですよ。

ブランドカードからは100円以上1円単位でチャージ出来るので、カードのキャンペーンで参加条件を簡単に満たしたい場合にも便利です。また、Kyashカードはチャージ可能な国際ブランドが豊富なことも特徴なので、これを活かしてお持ちのJCBカードやアメックスカードをVISAへと変換するツールとしても重宝しそうですね。

ただし、Kyashへのチャージをポイント還元の対象外に指定しているカードは意外と多いので注意が必要です。前払い式の決済サービス全般を対象外としているカードは勿論として、楽天カードやVISA LINE Payクレジットカード等では個別に還元対象外となっています。

定期契約

KyashカードはICチップが付帯された「Kyash Card」であれば、一部加盟店を除く定期契約にも対応しています。カード特典等があまり無い場面でよりお得に支払いたい場合であれば、Kyashカードを使ってみるのも良いかもしれませんね。

ただし、いくらKyashカードが定期契約に対応しているとは言え、残高が不足していれば支払いは行えないので注意が必要です。支払い日の前日までにに十分な金額をチャージしておくか、オートチャージを設定しておきましょう。

カノケイト
カノケイト

定期契約に利用すると決済一時停止設定が事実上使えないので、

決済上限をギリギリに設定して防犯することをおススメします。

他のブランドプリペイドカードにはあまり見られない便利な機能ですが、ブランドプリペイドカードそのものを拒否している加盟店では決済が行えません。そのような加盟店であった場合は、残念ですが他の支払い方法を使って契約しましょう。

スポンサーリンク

Kyashカードの注意点

Kyashには機能的な不備や規約上の使いにくさが多く、それに関する注意が必要です。また、キャッシングサービスも提供しているのでチャージ操作には気を付けてくださいね。

不正利用補償が弱い

Kyashカードでは不正利用補償が制度化されていますが、その補償規定は少々制限が強いので注意が必要です。例えば、過去1年間で不正利用補償を受けていた場合は補償対象外になってしまいます。

また、カードの紛失・盗難を原因として不正利用が発生した場合、その被害は補償されません。規約上ではカードの決済一時停止を行った後の被害であれば対象となるのですが、実質的に無意味な文言と言えますね。

カノケイト
カノケイト

スキミングやネット経由等での情報流出があった場合、

その被害は補償の対象となるようです。

Kyashカードは補償制度があるからと言って安心は出来ないので、ご利用の際にはご自身で出来る対策を意識してくださいね。カードには決済一時停止や決済上限設定等もあるので、これらのセキュリティ設定を活用しましょう。

これらの対策と合わせて、Kyashカードは安全な加盟店のみで使った方が良いでしょうね。また、Kyashカードが紛失・盗難に遭わないように、しっかりと管理することを忘れないようにしましょう。

カノケイト
カノケイト

他にはチャージを最小限に留めることも有効な被害防止の手段ですが、

残高のオートチャージを設定している場合には注意しましょう。

海外加盟店では日本円決済でも手数料が発生する

Kyashカードを海外加盟店で利用すると3%の為替手数料が発生しますが、この手数料は例え日本円による決済であったとしても発生します。どこが海外加盟店として判定されるのかは不明であり、ユーザーからは実際に利用しなければ分かりません。

カノケイト
カノケイト

PayPalSteam等での発生が確認されているので、

これらのサービスでは使わないでくださいね。

ちなみに、Revolutへのチャージでは国内加盟店として判定される様子ですが、現在のRevolutではデビットカード以外でカードチャージ手数料が導入されています。こちらで利用しても大抵の場合で損をしてしまうことになるので、他のチャージ方法を選択した方が良いでしょうね。

使ってはいけない「イマすぐ入金」

イマすぐ入金とは、KyashがAGミライバライ株式会社の提供で行うキャッシングサービスのことです。利用すると借入金額が残高に入金され、後に所定の手数料と合わせて返金します。

通常のキャッシングサービスは年利によって利息を算定しますが、イマすぐ入金では手数料として一括で請求されます。他のキャッシングサービスと比較しても負担が段違いに大きいため、こちらは全くおススメ出来ません

例えば3,000円を借りて1週間後に手数料500円と合わせて返金した場合、その実質的な年利は約870%に上ります。数日で返金をすれば更に実質金利が上がるので、これを使ってはいけませんね。

カノケイト
カノケイト

イマすぐ入金はチャージと謳っていますが実態は借金であり、

返せなければ違約金が発生し、取り立てや裁判も有り得ますよ。

また、入金される金額はKyashバリューなので出金不可となることに加えて、こちらの残高を利用した取引は全てKyashポイントの還元対象外に指定されています。イマすぐ入金を利用するメリットは一切無いので、これを使う位であれば収入があるまでお買い物等の支出を控えましょう。

スポンサーリンク

これからのKyashカードに期待すること

筆者は以前、ここで「Kyashカードの収益化構想をしっかりと練って欲しい」と記載していました。収益化の難しい事業構造から来る、相次ぐサービス縮小と新サービスの不振から来る思いです。

しかし、「イマすぐ入金」のようなチャージの名を隠れ蓑にした暴利のキャッシングサービスを始めるとは思いませんでした。確かにこれなら確実に収益は上がりますが、残念な結果だというのが正直なところです。

バンドルカードに続くような暴利貸付は、利息制限法の規制に抵触する可能性があるサービスです。このような手段での収益化は、早々に規制されて欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

Kyashカードは様々な場面で利用可能なブランドプリペイドカードであり、サブスクリプションサービス等をよりお得に契約したい場合に重宝しますね。引落し設定時のポイント還元率が0.2%になったとしても、工夫次第でまだまだお得に利用できることに違いはありません。

現在では他社決済サービスへのチャージが大幅に規制されており、Kyashカードが使える場面も大きく変化しています。Kyashカードは今まで様々なユーザーが活用して来た決済サービスなので、今後の展開にも期待して行きたいところですね。

もしKyashカードに興味がある方は、ぜひアプリをダウンロードしてみてくださいね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました