Microsoftリワードの考察!スキマ時間のポイ活に便利なポイント

ポイントサービス

マイクロソフトはOSのWindowsが有名であり、知らない人はいないと言っても過言ではないでしょうね。マイクロソフトでは様々なサービスを提供しているため、そのためにMicrosoftアカウントを取得している方も多いはずです。

そのようなMicrosoftアカウントですが、実はポイントサービスが提供されていることをご存知でしょうか。マイクロソフトのサービスを利用している方は勿論として、スキマ時間のポイ活でも重宝するポイントですよ。

今回は、Microsoftリワードについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

概要

Microsoftリワードとは、マイクロソフトが提供しているサービス内のポイント制度のことです。マイクロソフトのサービスを利用した際に貯まり、景品への交換や懸賞等で使うことが出来ます。

こちらのポイントサービスはMicrosoftアカウントの作成と同時に登録されますが、12歳までの方にはアカウントを作成する際に親権者の同意が求められます。最初にアクセスした際には貯める目標を設定しますが、これはいつでも変更することが出来るのでお好きなものに設定しましょう。

カノケイト
カノケイト

マイクロソフトのサービスのみで使われるポイント制度なので、

気付かない方も多いかもしれませんね。

ポイントは基本的にMicrosoft Storeで商品を購入すると貯まり、基本としては商品金額の100円につき1ポイントが付与されます。ポイントの有効期限は最終取得又は利用から18か月間なので、継続的に取得していれば期限切れは発生しません。

ポイントの交換レートは使い道によって変動するため、一律にまとめを作成することは難しいサービスです。ただし、各種交換対象の交換レートを総合的に比較してみると、基本的には大体10ポイント=1円位の価値を持っている様子なので覚えておきましょう。

ただし、Microsoftリワードではいくつかの禁止行為が設定されており、違反した場合はポイントの失効やアカウントの停止等が行われる可能性があるので注意しましょう。

Microsoftリワードの禁止行為

  • 1人で複数のアカウントを作成してMicrosoftリワードを設定する
  • アカウントに登録された名前・住所・電話番号・メールアドレス等に虚偽又は不備がある
  • IPアドレスを変更するツール(TorやVPN等)を使用する
  • BOT・チートコード・マクロ・エミュレーター・その他自動化ツールを使用する
  • 同日中に複数国からアクセスしてポイントを獲得する
  • 獲得したポイントを海外版サイトで交換する

尤も、Microsoftアカウントでは1人で複数のアカウントを作成して使い分けたり、Outlook上でのプライバシー保護のためにニックネームを使用すること等は許容されています。また、現代社会ではVPNが当たり前に使われていることもあり、上半分についてはそこまで厳しく取り締まりされていない様子ですね。

カノケイト
カノケイト

いくつもアカウントを作成してポイントの交換まで行う場合は、

流石にアカウントが停止されても仕方ないので止めておきましょう。

レベルについて

Microsoftリワードには会員ランク制度として「レベル」が存在しており、ポイントの取得状況に応じてサービスが一部優遇されます。レベルが上がるとポイントがより貯まりやすくなるので、こちらについて覚えておきましょう。

最初のレベルは1ですが、前月又は当月中に500ポイントを貯めるとレベル2に上昇します。レベル2の状態でストアのお買い物をすると、100円につき10ポイントが還元されますよ。

レベル2の状態でXbox Live Gold又はXbox Game Pass Ultimateに加入すると、ストアのポイント還元率は更に上昇します。レベル2の還元率に合わせて10ポイントが追加で付与されるため、還元率は100円につき20ポイントに相当しますね。

カノケイト
カノケイト

上記月額サービスによる追加ボーナスは、

加入後48時間以内に適用開始されます。

Xboxのゲームでよく遊ばれている方であれば、最大約2%相当の還元率は積極的に狙いたいですね。ただし、逆にゲームをあまり遊ばない方であれば、ストアの還元率に拘る必要はありません。

また、レベル2の場合は他にも特典が用意されているため、そちらについても覚えておきましょう。

レベル2の特典

  • 会員限定のセールや割引
  • 会員限定イベントへのサプライズ招待
  • 自社サービスの一部ポイント交換先で割引適用

ポイント交換

Microsoftリワードがある程度貯まった後は、お好きな景品に交換して使いましょう。ポイントの交換レートはサービスによって異なるため、貯める際は予めチェックしておきましょう。

リワードの引き換え景品の中で、交換レートが優れているもの

  • Amazonギフト券:5,460P⇒600円、10,920P⇒1,200円
  • 楽天ポイント(期間限定):5,250P⇒660P
  • JCBプレモデジタル:9,100P⇒1,000円
  • Overwatchデジタルコード:1,800P⇒200コイン
  • Trip/Tours/Airline/Flystay Giftギフトカード:91,000P⇒10,000円
  • Uber Eats/Ridesギフトカード:18,200P⇒2,000円
  • Skypeクレジット:3,990P(レベル2)⇒600円、7,980P(レベル2)⇒1,200円
  • Microsoft/Xboxギフトカード:3,990P(レベル2)⇒600円、7,980P(レベル2)⇒1,200円
  • Skype Unlimited World:8,000P(レベル2)⇒3か月分
  • Xbox Game Pass Core メンバーシップ:15,000P(レベル2)⇒3か月分(2,526円)

Xboxゲームパス等の月額会員サービスのチケットでは、加入期間の長いものを指定すると交換レートやレベル2時の割引率が優遇されます。また、最近ではMicrosoftギフトカード・Xboxギフトカード・Skypeクレジットの交換レートがかなり強化されており、それらのサービスやコンテンツを利用している方であれば基本的にはこちらへ交換することをおススメします。

もしゲームやエンタメ以外で手軽に使いたい場合は、Amazonギフト券や楽天ポイントへ交換すれば使い勝手が良いのでおススメです。こちらであればポイント交換のハードルも比較的低めに設定されているので、貯まったポイントを直ぐに消費したい場合にも役立ちますよ。

他社のサービスとしては楽天ポイントの交換レートが優れていますが、期間限定ポイントとして扱われるので使える場面は楽天市場や楽天ペイ等に限定されます。また、こちらは有効期限6か月間の期間限定ポイントとなっているので、交換後は期限内に使い切るようにしてくださいね。

カノケイト
カノケイト

現在では交換レートが優遇されるサービスが増えて来て迷いそうですが、

基本的には「Microsoftサービス」と「楽天ポイント」の2択で考えれば大丈夫です。

貯まったポイントを初めて交換に使う際は、SMS又は電話による認証が必要です。認証を済ませるとアカウントのメールに引き換えURLとセキュリティコードが送られる(リワード引き換えの注文履歴からも確認可能)ので、そちらにアクセスした上でコードの認証を行えば交換は完了します。

また、ポイントはXbox本体やPC周辺機器等の懸賞に使うことや、指定の団体への寄付に充てることも可能です。こちらは更に少額のポイントから使えるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

ちなみに、2023年10月下旬頃からは交換対象としてnanacoギフトやPontaが追加されていましたが、それらは早い段階で交換対象から削除されてしまいました。想定外の需要があったことが理由という話もありますが、何れにしても今後似たような交換対象が登場した際は上限が存在するものと考えた方が良いかもしれません

カノケイト
カノケイト

楽天ポイントについても在庫切れが心配になるところですが、

今のところは交換対象として長続きしている様子ですね。

スポンサーリンク

毎日貯める方法

Microsoftリワードは基本的にストアで貯めますが、マイクロソフトのサイトを利用すればタダで貯めることも可能ですよ。こちらに毎日参加し続けることにより、各種特典やポイント交換も簡単に利用出来ます。

カノケイト
カノケイト

ここで得たポイントもレベルの判定対象なので、

継続すれば簡単にレベル2を維持出来ますね。

ちなみに、MicrosoftリワードではPCブラウザ向けの拡張機能が提供されていますが、こちらを有効化すると一部の通知でポイントが貰えることがあります。こちらは毎日確実に貰えるというわけではないのですが、余裕があればこちらも活用してくださいね。

バナークリック

まずは、Microsoftリワードのトップページにアクセスして、「アクティビティ」の一覧に掲示されたバナーをチェックしてみましょう。バナーに記載された条件をクリアした場合、それだけで所定のポイントが付与されます。

カノケイト
カノケイト

バナーをチェックしてもポイントが付与されないときもありますが、

その場合はページを更新するか再びお題を達成してみましょう。

特に条件が指定されていないバナーの場合は、押してサイトを遷移すればクリアとなります。掲示されるバナーの数は日によって異なりますが、5~10ポイントのものが毎日出題されるので定期的に確認しておきましょう。

また、現在では「お得に検索!」と記載されたバナーも表示されることがありますが、こちらは検索エンジン「Bing」でお題に関連する言葉を検索することでクリアとなります。ちなみに、お題によっては検索しても中々クリアにならないこともあるのですが、その場合は欧米視点の考え方で検索すると達成しやすくなりますよ。

「お得に検索!」及び関連バナーで対象となるキーワード

  • ネットショッピング:名前に「ショッピング」と付いたECサイト
  • 映画情報:世界的な映画の話題作
  • レストラン:ファミレスの名称
  • 旅行情報:航空会社の名前
  • 曲の歌詞:定番の洋楽+「歌詞」
  • 注目のトピック:「ニュース」
  • 新しいレシピ:具体的な料理名
  • 買い物をより速く終わらせる:商品の種類名
  • 天気:「天気予報」
  • まだ行ったことの無い場所:世界的に知られる観光地

尚、お題の中には「荷物を追跡出来ます」というものもありますが、こちらは不具合でもあるのか現状でクリア困難となっているようです。噂によると日本版サイトに対応していないお題だったという話もある様子ですが、何れにしても現状では放置しておくしか無さそうですね。

カノケイト
カノケイト

Microsoftは以前から日本向けローカライズが苦手なところがありますが、

それはMicrosoftリワードについても同じことが言えるようです。

リワードページでは「デイリーセット」という要素もあり、デイリー用に出題されたバナー3つから毎日ポイントを獲得し続けるとゲージが貯まって行きます。ゲージが一定数貯まるとボーナスポイントが付与されるので、開催されていればこちらも欠かさず狙ってみましょう。

現在のデイリーセットではページを遷移するだけでクリアとなるタイプ(10P)がメインとなっているので、あまり手間がかからずに利用することが出来ます。ですが、以前に出題されていたバナーが今後出現しないとも限らないので、そちらについても一応確認しておきましょう。

以前にはクイズで3問正解するとクリアとなるタイプ(30P)や、サイトの世論調査に投票することでクリアとなるタイプ(10P)が出題されることもありました。この中で世論調査に関しては午後11時頃に回答期限が設けられている様子なので、連続ボーナスを狙う場合は早めにクリアする必要があります。

また、トップページ中部には「クエスト」という要素が表示されることもあり、月毎に更新される特設ページのバナーをチェックして50ポイント程貰うことが出来ます。時にはちょっと設問が多めのクイズが出題されることもありますが、掲載期間が長いので余裕のある時に済ませておきましょう。

Bingで検索

これに加えて、マイクロソフトが提供する検索エンジン「Bing」で検索することによってポイントを貯めることも可能です。これはデバイスやアプリ毎に回数が指定されている他、レベルによってポイント獲得上限が変化します。

カノケイト
カノケイト

先述のバナークリックでBingの検索結果へ遷移した場合、

こちらのカウント対象にもなるので覚えておきましょう。

検索でポイントを貯める際には少々特殊なルールがあり、1日で2回目までに検索した分のポイントは3回目の検索で初めて反映されます。また、3回以上検索してもポイントがうまく貯まらない場合、一度リワードのトップページへログイン(アクセス)してみましょう。

Bingで貯まる1日のポイント数

レベル1レベル2
PCブラウザでの検索最大10回、30P最大30回、90P
モバイルブラウザでの検索最大20回、60P

以前はEdgeブラウザで検索した際に別途4回分(12P)獲得出来ましたが、こちらは現在削除されているようですね。また、モバイルブラウザ分はあくまでスマホのブラウザアプリで手に入るポイントであり、タブレット端末では入手出来ない様子なので覚えておきましょう。

検索だけでも1日最大150ポイント獲得可能ですが、現在では再検索を素早く行うとポイントがうまく獲得出来ないようになっています。これはバナークリックでBingの検索結果へ遷移した際にも同様に適用されており、それらを利用する際は大体検索1回毎に7秒程度のインターバルを置くようにしましょう

もしBingでの素早い再検索を繰り返し行うとアカウント自体に一定の制限が課せられ、4回の検索毎に15分間のクールタイムを置かなければポイントが付与されなくなる様子です。尤も、この規制ついては一定期間で解除される可能性がある様子なので、もし規制の対象になったとしても慌てなくて大丈夫ですよ。

また、これはまだ確定した情報ではないのですが、どうやらMicrosoftリワードではサービス独自に利用者のアクティブ時間が算出され、規制はその時間帯を対象として行われている可能性があるようです。もしこの時間帯を外して検索することが出来れば、規制によるインターバルが不要になるかもしれませんよ。

カノケイト
カノケイト

バナーと検索だけでも1日20円分前後のポイントが貯まるので、

スキマ時間のポイ活にはかなり重宝するはずです。

また、最近ではBing検索に関連して「パズル」という要素が公開されており、1日3回以上の検索を7日間続けると100ポイントとパズルのピースが付与されます。更にパズルのピースが12個集まると1,000ポイント貰える様子なので、こちらも併せて獲得して行けばより多くのポイントが貰えそうですね。

ただし、パズルについては現在ベータ版という扱いになっているようで、今後も継続して提供されるのか否かは判然としません。しばらくは不安定な状況が続くかもしれませんが、様子を見ながら正式リリースに期待して待つことにしましょう。

Xboxアプリ

Microsoftでは「Xbox」というシリーズのゲームハードが展開されていますが、こちらの一部ゲームもMicrosoftリワードの対象となっているようです。こちらについては今回詳しく取り上げませんが、Xboxでよく遊ぶ方であればチェックしてみましょう。

ちなみに、Xboxでは「ゲーマータグ」というゲーム用のIDが用いられており、基本的にはMicrosoftアカウントを登録した時点で自動発行されています。こちらはユーザー同士で交流する際のプロフィールも兼ねているので、気になる方はアカウント管理画面の「あなたの情報」から「Xboxプロフィール」を選択して編集しておきましょう。

カノケイト
カノケイト

ゲーマータグではユーザーを識別するための文字列が設定されていますが、

これは基本的に早い者勝ちなのでSNSと同じIDを利用したい場合はお早めに。

また、WindowsのPCやスマホ向けに「Xboxアプリ」が提供されていますが、現在ではこちらを利用することでもMicrosoftリワードを獲得出来ます。このアプリはXboxシリーズの本体を所持していなくても利用可能なので、余裕があればこちらもついでに獲得しておきましょう。

Xboxアプリのポイント付与対象(毎日1回ずつ)

  • スマホ版アプリへのログインで5P(毎日ログインするとポイント数アップ)
  • スマホ版アプリでパズルゲーム「Jewel」を1レベル上がるまで遊ぶと5P
  • Microsoftアカウントと連携する一部PCゲームを15分以上遊ぶと20P
  • Xbox本体のゲームを15分以上遊ぶと10P(毎週5日間以上遊ぶとボーナスあり)

WindowsのMicrosoft Storeでは公式からソリティアやマインスイーパー等のゲームがリリースされていますが、PCゲームの条件はこちらから満たすことも達成可能です。ポイントを稼ぎたいだけであればやり込みをする必要も無いので、自宅で時間の余裕がある時についでとして狙ってみましょう。

カノケイト
カノケイト

スマホアプリを毎日開くだけでもポイントが貰えるので、

ゲームが苦手な方も活用してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

Microsoftリワードとは、マイクロソフトのサービスを利用しているだけで簡単に貯めることが出来るポイントです。毎日タダでもらえるポイント数が多いことも特徴なので、ポイ活にはかなり重宝するはずです。

こちらのポイントを活用する場合、Xboxのヘビーユーザーであればより有効な使い方が可能です。現在の日本国内ではあまり勢いが無いXboxですが、該当の方はMicrosoftリワードを必ず意識してくださいね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

  1. さくらみ より:

    1日約30円分のポイントがさほど時間をかけずに入手できることもさることながら、
    Microsoftの検索エンジンであることから堂々と業務で使用できる点も非常に良いです。

タイトルとURLをコピーしました