Tポイントの考察!共通ポイントの元祖的サービス

ポイントサービス

共通ポイントと聞かれた時、Tポイントを真っ先に思い付く方は多いのではないでしょうか。「ポイントカードはお持ちですか?」という有名なフレーズもこちらが発祥であり、皆様も1度は聞いたことがあるはずです。

Tポイントは国内における共通ポイントの元祖とも言えるサービスであり、生活の中で関わる場面も多いはずです。こちらは2024年4月22日からはVポイントと統合される予定にもなっており、お得を目指すのであれば必ず活用したいポイントサービスですね。

今回は、Tポイントについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

サービスの概要

Tポイントとは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のCCCMKホールディングスが提供する共通ポイントサービスのことです。お店やネット等の様々なお買い物やサービスで付与され、貯まったポイントは支払い等で使えます。

カノケイト
カノケイト

元々はTSUTAYAの独自ポイントでしたが、

後に共通ポイント化しました。

Tポイントを利用するためには、ポイントカードであるTカードが必要です。主に店頭で発行を申込みしますが、一部クレジットカードにもTカード機能が付帯されていますね。

まずは、Tポイントの基本的なサービス概要を見ていきましょう。

サービス概要摘要
提供会社CCCMKHD
ポイントの種類通常ポイント通常の還元
期間固定ポイントキャンペーン等
有効期限最後の変動から1年間
還元率加盟店毎に異なる還元ルールにも差異がある
ポイントの価値1ポイント=1円

店頭でTカードを発行する際、店舗によってはその場で会員登録を行わないことがあります。この状態のまま何もしなければポイント払いが出来ない上に有効期限が短いので、Tサイト等で「Tカード情報登録」を行いましょう。

カノケイト
カノケイト

Tカードのデザインはお店によって異なるので、

発行するお店を選ぶのも一興ですよ。

また、一部のカードはネット上で有料販売されており、期間は限定されていますがこちらで手に入れることも可能です。こちらでは専用の特典が用意されているTカードも多いので、気に入ったものがあれば購入してくださいね。

ちなみに、モバイルTカードでは電話の発信によって本人確認を行いますが、以前はナビダイヤルが用いられていたため確認の度に通話料が発生していました。ですが、現在本人確認に用いられている電話番号は通話料無料となっている様子なので安心しましょう。

Tサイト

Tサイトとは、Tポイントに関する総合的なサービスを提供する公式サイトのことです。こちらにTカードを登録することで、ネット上からTポイントの残高や利用履歴を確認することが可能です。

こちらを利用することで、Tポイントを景品に交換する等様々なサービスが使えるようになります。また、貯まったTポイントをネット上で使うことや、Tカード間でTポイントを移行することも可能です。

カノケイト
カノケイト

Tサイトを利用するためには、

Yahoo! JAPAN IDによるログインが必要です。

また、TサイトはTポイントに関するサービス紹介やキャンペーン情報の提供も行っています。Tポイントに興味のある方は、まずはTサイトを覗いてみましょう。

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPANとは、Zホールディングス傘下のヤフー株式会社が運営するポータルサイトのことです。Yahoo! JAPANでは会員サービスを提供していますが、こちらはTポイントとの大きな関わりをもっています。

現在のYahoo! JAPANではTポイントの付与及び利用の一部取扱いを終了していますが、Tカード情報登録を行うことは可能です。また、Yahoo! JAPANのコンテンツ「Yahoo!ズバトク」でのTポイント付与や、Tポイントによる募金の受付けは継続されます。

カノケイト
カノケイト

TサイトではYahoo! JAPAN IDが必要なので、

現在でもTポイントにとって重要なサービスであることに変わりありません。

Tマネー

Tマネーとは、株式会社Tマネーが提供するTカード上で利用可能な電子マネー機能のことです。事前にチャージした残高を利用して、Tカードをお店で提示することによって支払いを行う決済サービスです。

Tマネーを利用可能なTカードには、裏面にTマネーのロゴマークが表示されています。また、Tカード機能付きブランドカードの場合、VISAブランドで発行するとTマネーが使えないので注意しましょう。

カノケイト
カノケイト

TマネーはVISAの規約上搭載することが出来ないらしく、

現在新規発行可能なTカード機能付きVISAカードは稀ですね。

Tマネーの残高は運営会社のサーバー上に保存されるので、ネット環境があればいつでもチャージ可能です。チャージは現金Tカード付帯クレジットカードを利用する他、Tポイントによるチャージにも対応しています。

Tマネーで決済を行った場合、月間利用額500円につき1Tポイントが付与されます。通常の使い方では少々物足りない還元率なので、もしお得に使いたい場合はある程度の工夫が必要ですね。

モバイルTカード

モバイルTカードとは、スマホ上でTカードを表示出来るサービスのことです。公式のTポイントアプリから使えることは勿論ですが、PayPayを始めとした様々なアプリにも対応していますよ。

モバイルTカードにはお持ちのTカードを登録して利用する他、Tカードを持っていなくてもYahoo! JAPAN IDがあれば利用可能です。この場合のTカード番号はバーコード画面下部から閲覧出来るので、もし必要であれば1度確認してくださいね。

ただし、全てのTポイント加盟店でモバイルTカードが使えるわけではありません。お近くの店舗でモバイルTカードが対応しているか否かを確認したい方は、こちらをチェックしましょう。

カノケイト
カノケイト

一部の特別デザインカードについては、

モバイルTカード上でそのデザインを表示することも可能です。

ちなみに、モバイルTカードでは以前「Tマネーかざして支払い」という機能が提供されていましたが、こちらは2023年1月25日からサービスが終了しています。この機能ではブランドプリペイドカード機能も持ち合わせていましたが、そちらも合わせて終了していますね。

また、Android端末向けにはおサイフケータイ機能を用いてカードの提示が出来る機能や、Googleウォレット上でTカードを表示出来る機能がありますが、こちらのサービスについては2024年3月28日で終了します。もしそれらの機能を登録している方は、おサイフケータイアプリの「かざすフォルダ」及びGoogleウォレットから削除しておきましょう。

レンタル機能

TカードはTSUTAYAの会員証としても機能しており、TSUTAYAでのレンタル機能を付帯することも可能です。TSUTAYAでよく映像メディア等をレンタルされる方は、レンタル機能を登録しておきましょう。

レンタル機能には年会費が発生し、更に1年間毎に更新が必要です。契約の更新については登録情報に変更が無いことが条件として、TSUTAYAアプリからも申請可能となっていますね。

カノケイト
カノケイト

レンタル会員の年会費負担が気になる方は、

年会費無料の優待が有るクレジットカードを契約しましょう。

個人情報について

Tポイントで気になることは、登録情報の取り扱いですよね。過去には登録情報を令状無しで捜査当局に提供していたことが発覚し、一般企業への提供可能性もあるということで気になる方は多いはずです。

カノケイト
カノケイト

この事件はユーザー・企業双方から問題視され、

後にTポイント離れが起こる要因となりました。

現在では個人を特定可能な情報を提供しない旨が明記さていますが、それでも個人情報の取り扱いが気になるという方は情報提供の停止をすることも可能です。この設定はモバイルTカードアプリからも可能なので、1度確認しておくことをおススメします。

Tポイントの安全性

Tポイントを提供しているCCCMKホールディングス株式会社は、日本インターネットポイント協議会(JIPC)に加盟しています。これはポイントサービスにおける健全な運営を目的とした団体であり、加盟企業には運営における一定のルールが課されています。

JIPCの加盟事業者は、ポイントの付与に関して適切な引当処理を行わなければなりません。また、ポイントの価値変動やサービス終了等の変更を行う場合は、少なくとも1か月以上前から事前告知を行うことになっています。

カノケイト
カノケイト

JIPCの加盟事業者は大半がポイントサイトですが、

その中でCCCの加盟は目に付きますね。

Tポイントの運営は共通ポイントとして唯一JIPCに加盟しており、ある日突然ポイントが無くなってしまうようなことがありません。そのため、Tポイントは意外と安心感のあるサービスになっていますね。

スポンサーリンク

Tポイントの有効な貯め方

共通ポイントの元祖であるTポイントはその認知度も非常に高く、それは利用時のメリットにもなっています。Tカードを提示した場合はポイントを貯めたいという意思が伝わりやすく、店員との意思疎通が取れないことによるトラブルが発生しにくいですよね。

ここからは、Tポイントの有効な貯め方について見ていきましょう。

TカードPrime

TカードPrimeとは、ジャックスが発行するクレジットカードサービスのことです。2年目以降の年会費については1250円+税が発生しますが、前年度に1回以上の決済を行うことで無料となっていますね。

TカードPrimeは利用金額に応じてTポイントが還元され、通常は決済利用額100円毎に1ポイントが付与されます。そして、毎週日曜日の利用であれば200円につき3ポイントが付与され、還元率が1.5倍にアップします。

カノケイト
カノケイト

Tポイントが貯まるカードとしてはかなり有名なので、

まずはこちらに注目したいところですね。

これは非常にお得なサービスであり、クレジットカード全体で比較しても頭一つ抜けた還元率を誇ります。ただし、各種決済サービスへのチャージは概ねポイント還元対象外に指定されているため、ポイント二重取りには使えないものと考えておきましょう。

ワラウカード

ワラウカードとは、オープンスマイルと提携したアプラスが発行するクレジットカードのことです。2年目以降の年会費は1,500円+税が発生しますが、前年度に1回以上利用すれば無料となっています。

こちらのカードではアプラスポイントが還元対象となっていますが、貯めるとポイントサイト「ワラウ」のワラウポイントに交換することが出来ます。ワラウポイントは交換対象の幅が広く、勿論Tポイントに等価交換することも可能です。

カノケイト
カノケイト

アプラスポイントの還元率は0.5%ですが、

ワラウポイントに交換すると2倍に増えるので通常1%還元と考えましょう。

ワラウカードはカード特典もお得で、全てを最大限活用した場合の還元率は1.46%に上ります。もしTカードPrimeの代用を探している方であれば、ワラウカードをを試してみるのも良いかもしれませんね。

T NEOBANK

NEOBANKとは、住信SBIネット銀行と提携した他社が銀行代理業者として運営する特殊な銀行口座のことです。こちらでは株式会社Tマネーと提携した口座も提供されており、その銀行口座のことをT NEOBANKと言います。

カノケイト
カノケイト

既に住信SBIネット銀行の口座を開設している場合でも、

T NEOBANKを個別に開設することが可能です。

T NEOBANKの基本的なサービスは住信SBIネット銀行と同様ですが、独自のサービスによって口座取引に応じてTポイントをもらうことが可能です。中には簡単にポイントがもらえる条件もあるので、有効活用すれば非常にお得ですね。

Tポイントが付与される条件の内、比較的簡単に達成出来るもの

  • 給与・年金を受取った月に30ポイント
  • 即時決済サービススマホ決済サービスで利用した月に5ポイント
  • 口座振替や口座引落しがあった月に5ポイント
  • 他行から1万円以上の振込がある度に20ポイント(月間25回まで)
スポンサーリンク

Tポイントのお得な使い方

Tポイントはそのまま支払いに使うことも可能ですが、折角使うのであればよりお得な方が良いですよね。決済サービスで使うことは難しいものの、意外なところでは愛好家も多いので覚えておきましょう。

ウエルシアグループ

ウエルシアはウエルシア薬局株式会社が運営するドラッグストアのことであり、現在はコクミンドラッグ等の株式会社コクミンも傘下に入っています。ウエルシアグループはTポイントと提携しており、それに関連した様々なキャンペーンを開催しています。

特に注目されているキャンペーンは、毎月20日に開催されるお客様感謝デーです。この日にお買い物でTポイントを200ポイント以上利用すると、1ポイントの価値が1.5円分に上昇するのでよりお得にお買い物が楽しめますね。

カノケイト
カノケイト

ウエルシアグループで使うためにTポイントを貯める活動は、

巷では「ウェル活」と呼ばれて親しまれていますね。

ウェル活をする場合はお店で貯めるポイントをTポイントに集中させる他、ポイントサイト等を利用していればポイント交換を行うことも有効です。ポイントサイトから交換するのであれば、ドットマネーを経由すると手数料が発生しないのでこちらをおススメします。

ただし、2024年5月以降はウエルシアのポイントサービスが順次変更され、Tポイント中心からWAON POINT中心へ移行する予定となっています。お客様感謝デーも2024年8月分を最後にTポイントが対象外となる予定なので、以降は他の使い方を考える必要がありますね。

ポイント交換

Tポイントは他社のポイントに交換することも可能であり、例えばイオングループで提供されているWAON POINTに移行して使うことが出来ます。こちらは相互的に交換することが可能となっており、交換レートも等価なので扱いやすいですね。

カノケイト
カノケイト

今後のTポイントをウエルシアのお客様感謝デーに利用したい場合、

こちらのポイント交換サービスを活用しましょう。

Tポイント⇒WAON POINTの交換はTサイトの専用ページから、WAON POINT⇒Tポイントへの交換は申請を行います。ちなみに、現在では貯まったポイントをWAON POINTへ交換出来るポイントサイトがあまり無いので、その場合は一度Tポイントへ交換してからWAON POINTへ移行してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

Tポイントは知名度が高く、ポイントカードが使いやすい共通ポイントサービスですよね。お得に使えるサービスやキャンペーンも提供されているので、活用されている方は多いはずです。

特にウエルシアでの使い勝手は良く、ウェル活が多くの方に広がることは必然と言えます。それ以外でも意外なところで活躍するポイントサービスなので、興味のある方はTカードを発行してみましょう。

また、Tポイントは三井住友グループのVポイントと統合し、2024年4月22日から「青と黄色のVポイント」としてリニューアルされる予定となっています。両サービスの良いところが組み合わされたポイントになっている様子なので、リリース開始を期待して待つことにしましょうね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました