歩数計アプリの考察!ポイント等がお得に貯まるサービスの比較

ポイントサービス

現代社会ではスマートフォンが普及しており、電話に留まらず音楽鑑賞からお店での支払いまで様々な用途で使われていますね。現在のスマホでは歩数計機能が搭載されている機器も一般的となっており、専用のアプリを使えば健康管理にも一役買ってくれます。

歩数計アプリにはポイントサービスと連動したものも多く、活用すれば毎日の移動をお得に変換することが出来ます。それらの中で自身に合ったものを選んでダウンロードしておけば、今までの生活がちょっとだけ豊かになって行きますよ。

今回は、ポイントが貰える歩数計アプリについて考察して行きましょう。

スポンサーリンク

はじめに

ポイント等が貯まる歩数計アプリを選択する場合、基本的には1台のスマホに複数の歩数計アプリをダウンロードして使うと有効です。そうすると1回の計測により全てのアプリでポイントが貯まるので、より効率的にサービスを利用することが出来ますよ。

その上でダウンロードする歩数計アプリを選択するとき、まずはそのアプリで貯まるポイント等を使いこなせるか否かを目安にしましょう。複数のポイントを使いこなせる方であれば問題ありませんが、それらの管理が難しい場合は共通ポイントのみに絞っても良いかもしれません。

また、各種サービスのAndroid版アプリを利用する方の場合、OS側の歩数計アプリであるGoogle Fitと連動出来れば計測の制度を向上させることが出来ます。その他アプリの使い勝手が良くなることも多いので、アプリを選択する上ではこちらも大切な要素となるはずです。

カノケイト
カノケイト

OS側のアプリと連動出来るアプリを使えば、

スマートウォッチで計測した歩数からポイントを貰うことも出来ますよ。

アプリによってはポイントの獲得方法にも違いがあり、中には一定歩数毎にCM動画の視聴が必要となるものもあるようです。正直にCMを見ていると貴重な時間とバッテリー残量を大量に消費してしまうので、そのようなアプリやコンテンツは極力避けるのが賢明かもしれませんね。

また、移動によってポイント等が貯まるアプリにはGPS機能を利用したものもあるので、余裕があればそちらと併用しても良いですね。ただし、こちらはアプリの性質上バッテリー消費が大きくなりがちなので、あまり多くのアプリを併用しない方が良さそうです。

スポンサーリンク

ポイントが貯まるアプリ

dポイント

dポイントが貯まる歩数計アプリとしては、主にdヘルスケアが提供されていますね。dヘルスケアでは大体4,500歩前後の目標歩数が毎日提示されるので、それを達成することでポイントが貰えるくじに参加することが出来ます。

dヘルスケアの歩数目標は毎日出題される「ミッション」の1つであり、他のミッションをクリアすることでくじの抽選回数を増やすことが出来ます。ミッションにはコラムページを閲覧するものや健康記録を入力するものがあるので、余裕があればこちらもチェックしてみましょう。

dヘルスケアには月額300円+税の有料サービスもあり、様々な機能や特別なミッションが追加されます。こちらではポイントくじで必ず当選するようにもなるので、よりサービスを活用したい方はこちらも検討してみましょう。

カノケイト
カノケイト

dヘルスケアのくじは無料会員の場合はずれも多いので、

その場合は他のアプリのついでに利用する位の気持ちで良いと思います。

また、歩数計アプリとしてはALKOO forスゴ得(Androidのみ)も提供されており、スゴ得コンテンツの会員はこちらでもdポイントを貯めることが出来ますよ。スゴ得コンテンツはNTTドコモが提供する有料サービスで、月額380円+税で様々な提携企業のコンテンツが使い放題になるというものです。

こちらでも指定期間の目標歩数が設定されており、それを達成することでdポイントの受取りが可能となります。毎日1,000歩以上の目標を達成すると「デイリーチャレンジ」として1ポイントが、月~日曜日の1週間で5万歩を達成すると「ウィークリーチャレンジ」として5ポイントが受取出来ますよ。

カノケイト
カノケイト

ALKOO forスゴ得では達成した期間内にアプリで受取ボタンを押す必要があるので、

特にデイリー目標での獲得分は毎日忘れずにチェックしましょう。

スゴ得コンテンツは各種ポイントサイトと併用することで、ちょっとしたお小遣い稼ぎが出来ることでも知られているサービスです。ALKOO forスゴ得のためだけにスゴ得を契約する必要はありませんが、いつもスゴ得を利用している方はそのついでにALKOOアプリも使ってみましょう。

楽天ポイント

楽天ポイントが貯まる歩数計アプリとしては、主に楽天シニアと楽天ヘルスケアの2種類が提供されています。楽天シニアでは「毎日歩こうミッション」として毎日4,000歩の目標が設定されており、達成後にコンテンツ内のボタンを押すとスタンプが1つ獲得出来ます。

スタンプは7つ貯めると後日楽天期間限定ポイントが3ポイント貰えるので、毎日歩いた後は必ず確認しましょう。また、月額300円+税の有料プランでは毎日歩こうミッションの獲得ポイントが2倍になる他、その他の様々な機能や特典が優遇されるので興味があればチェックしてくださいね。

カノケイト
カノケイト

楽天シニアでは「クリックするだけでポイント獲得」というページもあるので、

余裕があるときにこちらもチェックしておきましょう。

楽天ポイントに関しては楽天ヘルスケアというサービスも用意されており、こちらもOS側のアプリと連携可能です。こちらでは「チャレンジ」として期間内に設定された目標を達成すると、翌日にアプリでくじを引くことが出来ますよ。

楽天ヘルスケアでは1日に5,000歩を達成すると1回分のくじに、7日連続で毎日5,000歩を達成すると3回分のくじに参加可能です。ちなみに、こちらで当選するポイントは通常ポイントとなっているので、決済サービスから投資まで様々な場面で活用出来ますよ。

また、楽天ヘルスケアでは「食事」タブで毎日の食事を記録することが出来ますが、こちらを3日連続で入力すると更に1回分のくじが追加されます。食事の記録は後から修正することも可能なので、最初に全ての食事で「食べませんでした」にチェックを入れておくと入力し忘れの防止に役立ちますよ。

カノケイト
カノケイト

現状の楽天ヘルスケアのくじは比較的当選しやすいらしく、

1つで5~10ポイント当たることも珍しくありません。

Tポイント

Tヘルスケアではすごろくゲームのようなコンテンツが用意されており、6,000歩を達成する毎に次のマスに進むことが出来ます(1日2万歩が上限)。その際にアプリ内ポイントの「マイル」が貯まり、マイルは500マイルにつき100ポイントへ交換可能です。

ただし、Tヘルスケアでマイルを獲得する際、次のマスへ到達する度にアプリを起動する必要があります。アプリを起動しないまま通過したマスではマイルが獲得出来なくなってしまうので、こちらのアプリを利用する場合は少し注意しましょう。

カノケイト
カノケイト

Tヘルスケアで確実にポイントを獲得したい場合、

歩き始めてから30分に1回くらいを目安にチェックしてみましょう。

あるくとはONE COMPATHが提供する歩数計アプリで、地図上に表示されたキャラクターが提示する歩数目標を達成して行くゲームが楽しめます。目標を達成するとアプリ内で「カード」というアイテムが付与され、カードを消費することで各種景品への抽選に応募することが出来ますよ。

あるくとでは毎日の体重入力又は目標歩数の達成により、「ミッション」にて1週間に1回位「ヘルスケアカード」が貰えます。ヘルスケアカードは月毎に貯まる仕様(毎月最大4枚まで)となっており、貯まったカードはTポイントへ交換することが出来ますよ。

ヘルスケアカードは1枚で2ポイント分に交換出来ますが、4枚まとめて交換すると10ポイント分貰えてお得です。カードは毎日アプリをチェックすれば自然に貯まって行くので、抽選のついでに利用すると良いかもしれません。

その他の共通ポイント等

RenoBodyは株式会社リンクアンドコミュニケーションが提供するアプリであり、こちらはSmart WAON IDとの連携が可能です。アプリでは毎日8,000歩以上という目標が設定されており、これを達成することで1日1ポイント分のWAON POINTが翌月下旬頃に付与されますよ。

カノケイト
カノケイト

Smart WAONは各種カードで貯まったWAON POINTを集約出来るサービスで、

WAONの情報登録や暮らしのマネーサイト等とは別に登録が必要です。

スギサポWalk(iPhone版/Android版)はドラッグストアチェーン「スギ薬局」に関連したサービスで、その仕様はほぼTヘルスケアと同様です。6,000歩貯まる毎にすごろくゲームが1マス進み、進んだマスに応じてアプリ内の「マイル」が貯まります。

アプリで貯めたマイルは1,000マイルにつき500スギポイントへ交換することが可能なので、スギ薬局をよく利用する方はこちらも活用してみましょう。ただし、こちらはGoogle Fitと連携出来ないため、日付が変わる度にアプリを一度起動しなければ歩数がカウントされなくなることに注意しましょう。

PointTownアプリ

PointTownはGMOメディアが運営するポイントサイトであり、これはサイト内の広告経由で各種サービスを利用すると独自のポイントが付与されるものです。貯まったポイントは景品交換で使いますが、共通ポイントや現金への交換も可能なので使い勝手が良いですね。

PointTownポイントは基本的に1ポイント=1円の価値がある他、ポイントの補助単位としてコイン(100C=1P)も用意されています。コインは主にゲーム等のサイト内コンテンツで貯まりますが、こちらは公式アプリの歩数計機能でも貰えますよ。

カノケイト
カノケイト

PointTownアプリはGoogle Fitとの連携が出来ませんが、

それが問題になることはあまり無いと思います。

PointTownアプリの「ポ数計」では1,000歩毎にポイントの受取権が1回分付与され、ポ数計で受取りボタンを押すと1回5コインが付与されます。この際にはCM動画を再生するボタンも併せて表示されており、こちらを押すと1回25コインが付与されるようです。

また、毎日歩く前に「倍速モード」のCM動画を閲覧すると、日付が変わるまで500歩で受取りの権利が付与されるようになります。ただし、ポ数計ではモードに関わらず毎月1万歩までの上限が設定されているので、倍速モード適用前に歩くと1日の受取権が減少してしまう可能性があるので注意しましょう。

カノケイト
カノケイト

受取の際に毎回動画を見ると負担が大きいので、

動画を再生せずそのまま5コインを貰うのがおススメです。

アルコイン(WalkCoin)

アルコインはAgoopが提供する歩数計アプリであり、アプリ内のコンテンツを利用することで独自ポイントである「コイン」が貯まります。ポイントは概ね10コイン=1円程度の価値を持っており、共通ポイント等の景品に交換出来ますよ。

カノケイト
カノケイト

コインの交換先としては「えらべるPay」のみ手数料無料ですが、

現在では5,000コイン(500円分)から交換可能と少々ハードルが高めです。

アルコインで提供されているコンテンツは様々ですが、手軽に利用したい場合は「すごろく」「デイリーくじ」「週間チャレンジ」辺りで十分です。デイリーくじや週間チャレンジでは目標歩数が設定されており、期間内に達成すると抽選への申込が可能(その際にCM動画を見ると当選率UP)となります。

すごろくでは約500歩毎に1~6のサイコロを振る権利が付与され、一定マスに到達する毎にコインが付与されます。すごろくは毎日午前3時にリセットされるので、60マス先にあるゴールを目指しましょう。

サイコロを1回振る毎に動画を見ることも可能で、その場合は4以上の目が出る「ボーナスサイコロ」が使えます。大抵の方であればゴールするためにこちらが必須となりそうですが、一日で1万5,000歩程歩く方であればこちらを使わなくてもゴール可能ですよ。

スポンサーリンク

暗号資産が貯まるアプリ

一部の歩数計アプリでは還元対象として暗号資産を貯めることが可能で、国内向けサービスとしては「BitWalk(ビットコイン)」「XRPWalk(リップル)」「DOGEWalk(ドージコイン)」等が提供されています。上記は全て株式会社Paddleが運営しており、ほぼ同じ仕様で提供されているようですね。

カノケイト
カノケイト

暗号資産の価値は常に変動しているため、

アプリで貰える暗号資産の数量は一定ではありません。

それらのアプリでは250歩毎に暗号資産の受取権が1回分付与され、アプリで受取りボタンを押すと後日アカウントに暗号資産が加算されます。アプリにおける1日は午前3時が区切りとされており、獲得権の上限は1日50回までとなっています。

アプリではCM動画が再生される受取ボタンもあり、そちらを押すと通常の5倍分の暗号資産が付与されます。ただし、3つのアプリ全てでCM動画を見るとそれだけで何時間も使ってしまうので、やはり動画を見ずにそのまま受取るのがおススメですね。

カノケイト
カノケイト

それらのアプリで獲得した暗号資産を換金したい場合、

別途開設した暗号資産ウォレットへの送付が必要です。

暗号資産ウォレットについては現在利用している取引所があればそちらで大丈夫ですが、もしこれから開設するのあればGMOコインがおススメです。こちらは取扱銘柄の豊富さや手数料負担の少なさが優れている他、利用者が多い分スプレッドも比較的安定していて使いやすいですよ。

また、暗号資産を受取る際にはウォレットアドレスの登録が必要となる他、トラベルルールにより取引所から送付元情報の入力が求められることがあります。株式会社Paddleの情報はお問い合わせフォーム内の「トラベルルールについて」から確認出来ますが、必要であれば以下にまとめた情報をご活用ください。

暗号資産の受取りに必要な送付元情報(GMOコインの場合)

  • 送付元ウォレット:取引所・サービス指定のウォレット
  • 送付人の種別:ご本人さま以外、法人
  • 預入目的:報酬・手数料等の受取り
  • 送付元の名称:その他、株式会社Paddle
  • 法人種別:株式会社
  • 法人格の前後:前
  • 送付人名称:Paddle、パドル、paddle,inc
  • 送付人居住地:日本、東京都(以降は省略可)
  • 送付人との関係:その他(自由記述)、内容は「サービス利用者」等で大丈夫です
  • 実質的支配者情報:井手 悠仁、イデ ヒサヒト、Ide Hisahito
スポンサーリンク

その他のアプリ

アプリによってはポイントや暗号資産以外が貰えることがあり、その代表的なサービスの1つがコカ・コーラのCoke ONアプリです。こちらのアプリではコカ・コーラの自動販売機専用決済サービス「Coke ON Pay」を始め、コカ・コーラに関する様々なサービスを提供しています。

Coke ONアプリではCoke ON Payの利用やキャンペーンへの参加等で「スタンプ」が貯まり、それが15個貯まると「ドリンクチケット」1枚へ変化します。ドリンクチケット1枚で対応自動販売機のドリンク1本と引換出来るのですが、スタンプはアプリの歩数計機能で獲得することも出来ますよ。

カノケイト
カノケイト

ドリンクチケットは値段に関わらず1本と引換え出来るので、

より高価な商品に使いたいですね。

Coke ONウォーク」では月~日曜日を期間とした1週間の歩数目標を設定し、それを達成することでスタンプが1個付与されます。設定した目標歩数によって貰えるスタンプが変動することは無い様子なので、基本的には一番低い目標(週間3万5,000歩)に設定しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

スマホの歩数計アプリには歩数に応じてポイント等が貯まるサービスがあり、それらを活用することで日常生活をお得に換えることが出来ます。それらのサービスでは無料で使えるアプリも多いので、使いやすいものがあれば積極的にダウンロードしておきましょう。

尚、今回は比較的ポイントを貯めやすいサービス中心にまとめており、ここで紹介していない歩数計アプリも多く存在しています。それらの中には人によって使いやすい可能性もあるので、興味があればご自身でも調べてみてくださいね。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました