ドットマネーの考察!ポイント交換手数料を節約するサイト

ポイントサイト

ポイントサイトを利用している方にとって、ポイントの交換手数料は非常に気になるところですよね。手数料を抑えたうえで換金が出来れば、ポイントサイトをよりお得に使えます。

そのような場合に便利なのがポイント交換サイトであり、ポイントの交換先や交換手数料が優れているので使い勝手が向上します。特にドットマネーは便利なサイトなので、ポイントサイトと合わせて活用してくださいね。

今回は、ドットマネーについて考察していきましょう。

スポンサーリンク

サービス概要

ドットマネーとは、サイバーエージェントが提供するポイント交換サイトのことです。様々なサービスからポイントを集約することが可能であり、豊富なポイント交換先を選択出来ることが利点ですね。

カノケイト
カノケイト

サイバーエージェントが運営するサービスと言えば、

SNSサイトの「アメーバ」が有名ですね。

ドットマネーはアメーバのサービスとして提供されており、利用するためにはアメーバIDが必要です。IDはアメーバブログのURLにも使われるので、公開しても良い文字列にしてくださいね。

ドットマネーはポイントサイトからの交換だけでなく、クレジットカードのポイントやアフィリエイト報酬等様々なサービスからの交換が可能となっています。多くのポイントを集約することが出来るサービスなので、使いこなすと非常に便利ですね。

ドットマネーのポイント

ドットマネーで使われているポイントは、「ドットマネー」や「マネー」というそのままな名称で提供されています。概ね1ポイント=1円としての価値があり、ポイント交換に利用可能です。

カノケイト
カノケイト

他のサイトからポイントを交換した場合、

元の価値と等価になる交換レートが適用されます。

ドットマネーのポイント有効期限は6か月後の月末となっており、この期限は更新されることがありません。更にはサイトコンテンツで貯めたポイントは翌月末が期限となっており、期限が短めに設定されているので注意しましょう。

そのため、ドットマネーにポイントを交換した際は、期限が到来する前に交換し終えなければなりません。毎月最低交換額でポイント交換を行う等、計画的にポイント交換を行って失効を防いでくださいね。

カノケイト
カノケイト

どうしてもポイント交換先が見つからない場合は、

PayPal残高への換金が便利ですよ。

ポイントの合算

ドットマネーへのポイント交換に対応しているサービスであれば、交換申請を行うことで貯めていたポイントが移行されます。ご自身で利用されているポイントサービスが対応していた場合は、早速合算してみましょう。

ポイントの交換申請は、各ポイントサービスのサイトから行います。サービス毎にポイント交換ページが用意されているはずなので、交換ポイント数を指定して申請を行いましょう。

カノケイト
カノケイト

ポイント交換の方法はアカウント同士を紐付ける場合と、

ドットマネー口座番号を入力する場合の2パターンあるようです。

ポイント交換申請をする前に、事前にサービス毎の交換方式を確認をしてくださいね。ドットマネー口座番号はポイント通帳から確認することが出来るので、交換申請で必要になった際にはチェックしておきましょう。

ポイントの交換

ドットマネーで集めたポイントは、対応ポイントサービスへの交換が可能です。各サービスには最低交換ポイント数が設定されているので、それ以上を指定して交換を行いましょう。

また、ドットマネーでのポイント交換には交換用パスワードを別途設定する必要があるので用意しておきましょう。ポイント交換時に必要なものはそれ位で、申請は簡単に完了します。

カノケイト
カノケイト

ドットマネーの特徴として、

ポイント合算・交換時の手数料が発生しないことが挙げられます。

また、一部サービスを除いてポイントの交換レートも等価で行われます。ポイントサイトをよくご利用される方であればある程、ドットマネーの需要は高まりそうですね。

ただし、これらのサービスにも例外があることには注意してください。ドットマネーへの交換を利用する前に、各サイトのポイント交換に関する説明を確認しておきましょう。

ドットマネーモール

ドットマネーは各種ポイントを合算して交換するサービスですが、ポイントサイトとしての機能も持つサイトです。もし高ポイントの広告が掲載されていた場合は、それを利用しても良さそうですね。

ポイントサイトとしてのサービスは、トップページ下部の「ドットマネーモール」というページに集約されています。通常のポイントサイトで掲示されているような広告を利用したい場合は、上部の「広告サービス」タブを選択してください。

また、サイト内のコンテンツを利用してポイントを得ることも可能です。アンケートやゲームがあるのですが、中でもスクラッチは1日1~3ポイントが簡単に手に入るので毎日利用したいですね。

カノケイト
カノケイト

一部アメーバゲームでの条件達成によってもらうことも可能なので、

ゲームをよくご利用される方はついでにポイントも手に入れましょう。

キャンペーン

ドットマネーでは、毎月様々なキャンペーンが開催されています。多くはポイントサイト登録に関するものや、交換ポイントの増量に関するものとなっていますね。

ポイントサイトをこれから登録しようとお考えの方は、ドットマネーのキャンペーンを利用すると普通よりもお得に登録することが可能ですよ。登録から一定期間内に条件を満たす必要はあるのですが、見通しが立つのであれば使ってみましょう。

楽天Edyで貯める

ドットマネーは楽天Edyと提携しており、Android端末をご利用であればおサイフケータイの貯まるポイントをドットマネーに変更することが可能です。設定には楽天Edyアプリが必要であり、詳細情報のポイント設定からドットマネーを選択します。

楽天ポイントと比較して、ドットマネーポイントは交換先が豊富なことが優れています。非常に使い勝手が良いので、こちらを活用すれば非常にお得ですね。

カノケイト
カノケイト

楽天Edyの貯まるポイントを楽天ポイント以外に設定した場合、

キャンペーンに参加出来ないことがあるので適宜切替えましょう。

ドットマネーの安全性

運営元のサイバーエージェントは非常に大きな会社であり、エンターテインメント関連のサービスで成果を挙げています。ドットマネーの運営に関しても、安定した運営が期待出来ますね。

ただし、ドットマネーはプライバシーマークを掲げているサイトではないので少々気になりますね。ドットマネーでは独自の基準で個人情報が取扱われるので、利用する場合はそちらについても意識しておきましょう。

スポンサーリンク

ドットマネーの注意点

ドットマネーはアメーバIDを利用しており、サービスとしても強く連携しています。そのため、アメーバの利用状況によってはドットマネーにも強い影響が出ることに注意しましょう。

アメブロをご利用されている場合、もしアメブロの規約違反と判断されればアメーバIDが削除されてしまうことが有り得ます。そうなってしまうと、同様にドットマネーの残高も無くなってしまいますよ。

カノケイト
カノケイト

アメブロ利用者が規約違反となる要因としては、

アフィリエイト広告の利用や著作権侵害等が多いようですね。

勿論、マナーや法律を守る意識があれば規約違反となることはあまりありません。ただし気付かないうちに違反していたということも良くあることなので、アメブロを利用する場合は注意してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

ドットマネーは、ポイントサイトの利便性を拡張するサービスです。手数料を節約してポイントを合算・交換することが可能であり、ポイントサイトを利用する上での中心的なサービスとなっていますね。

サービスはアメブロと同一のIDを利用するため、そちらの規約にも十分に注意しましょう。ですが、それ以外では特に不安に感じることはありません。

非常に便利なサービスなので、ポイントサービスを利用している方は積極的に使っていきましょう。

カノケイト
カノケイト

ここまでご覧いただきありがとうございます。

よろしければ他の記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました